new york! new york!

ニューヨーク情報。日々感じることを、新鮮なうちに記録します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

セスナでGo! <Belizeの旅 その3>

ベリーズ旅行記の最終回です(やっと・・・)。

国際線の入口ベリーズ・シティから、わたしが滞在したサン・ペドロまでは、プロペラ機で行く、という話は前にも書きました。行きは、「君は体が小さいから」と(日本人的には平均的な大きさだと思うのですが、アメリカ人に混じると小さいです。特に幅が。)一番後ろの席に座らされてイマイチだったのですが、その我慢の甲斐か、帰りはなんと、助手席!なかなか貴重な体験だと思うのでレポートを。

まず助手席からの眺めですが。これが意外によく見えなかった。というか、座高が足りず、計器がわたしの視界を邪魔する、という感じ。でも着陸態勢に入って、機体が若干下を向くとよく見えました。滑走路に降りていくドキドキ感は普段とはかなり違った。

landing

次に座り心地。座席自体は一般席と変わりありませんでしたが、シートベルトが違う!いわゆる4点式シートベルトってやつです。締め方がよく分かりませんでしたが、パイロットのおじさんが教えてくれました。

あとは設備。素人には全く分かりませんでしたが、いろーんな計器がありました。パイロットはチラチラとそれぞれの計器に目を配っていて(当たり前だけど)、プロフェッショナルの仕事を間近で見られたのは感動でした。

pilot
ちなみに飛行機はこんな感じ。飛行機の「お腹」の部分が貨物エリアになっているのですが、ダイバーや長めのバケーションで来ている人が多いため、みんな大荷物。限られたスペースに荷物を詰め込んでいくお兄さん達のワザもナカナカのものでした。

sesna
スポンサーサイト

  1. 2006/04/13(木) 22:03:59|
  2. - belize
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Diving in Belize<Belizeの旅 その2>

い~つの~こと~だか~♪ってくらい昔のことになってしまいましたが、旅行記つながり、ってことで書きかけで放置してしまってたThanksgivingのときのBelizeの旅の続きを・・・。

Belizeの旅の目的は100%ベリーズ・バリア・リーフでのダイビングでしたが、その期待に応える海でした!!サンゴがキレイで、よい気持ちになれました。


カリブ海、ということで、お魚は夏にCozumelに行ったときとおんなじ感じ。Queen、French、GrayのAngelfish3種とか単独で悠然と泳ぐバラクーダとか。


blue hole とにかくとにかく、サンゴがすごかった!!海の中なのに色鮮やかで、竜宮城、みた いなイメージ。個人的には、GBR(Great Barrier Reef)よりもすばらしいサンゴ礁 と思った。手付かずの自然、って感じ。

有名なBlue Holeは、San Pedroからはちょっと離れててボートで3時間くらいかかる けど、行った甲斐アリ。Blue HoleがあるLighthouse Reefという環礁のサンゴがほんとすばらしいので、ベリーズでダイビングするなら足を伸ばすことをおすすめ。

ショップ
Sunbreeze Hotel併設のAqua Dives を利用。日本人スタッフはもちろん(!)いませんが、みんななかなかフレンドリーで親切。ガイドも、ゲストの安全面に気を配っているのがよく分かって、安心して潜れる感じだった。気に入った!
Aqua Dives
Sunbreeze Hotel Beachfront
San Pedro, Ambergris Caye
Belize, C.A.
011-501-226-3415

全般
期待以上のダイビングができた!という感じ。ほんと癒されました。ちなみにBlue HoleがあるLighthouse Atollという環礁、船でしかいけないと思っていたら、なんと自家用機を所有するリゾート(Lighthouse Reef Resort)があることが後から判明。2008年まで改装中とのことだけど、次は絶対そこに泊まって、ダイビング三昧で過ごしたい!

ベリーズの思い出

nurse shark コスメルでも見たNurse Shark、ベリーズにもたくさんいました。

turtle ウミガメに大接近。

shark Blue Holeの中にいるサメ。

ryugu 竜宮城みたい~。

barracuda 一匹狼なバラクーダ。

中米―グアテマラ・コスタリカ・ベリーズ・エルサルバドル・ホンジュラス・ニカラグア・パナマ〈2001‐2002版〉
「地球の歩き方」編集部
ダイヤモンドビッグ社 (2001/01)
売り上げランキング: 143,198
おすすめ度の平均: 4
4 パナマに行きました☆

  1. 2006/04/08(土) 15:08:25|
  2. - belize
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Belizeって?San Pedroって?<Belizeの旅 その1>

クリスマス~、と思ってうかうかしたら、明日はもう大晦日。ベリーズから帰ってきて1ヶ月以上経ってしまいました・・・。旅行記楽しみ、というコメントももらってたのに、ごめんなさい。

さて、気を取り直して。さむーいニューヨークから逃げ出した先は、中米の小国、ベリーズ。小さいし、日本からは遠いし、「ベリーズってどこ?」という人が多いのでは?ということで、ベリーズの紹介から。

belize map ベリーズって?

→の地図の緑色の部分が、ベリーズ。中米大陸のメキシコの南、グアテマラの東、ホンジュラスの北に位置する、面積約23,000平方キロ(四国より少し大きいくらい!)、人口28.3万人(今確認したところによると、2005年11月の目黒区の人口が25.7万人、新宿区の人口が30.4万人でその間、ってことになるね。1つの区の人口と同じくらい!!)の、ほんとに小さな国。
ベリーズは1981年にイギリスから独立したとても新しい国で、イギリスからの独立、ということもあって中米で唯一、公用語が英語(他の中米の国はスペイン語)。加えて、ベリーズ・ドルという自国の通貨は2ベリーズドル=1USドルの固定レート且つUSドルもそのまま通用する、ということでアメリカからは訪れやすい国だと思う。
あ、でも、日本人はビザがいるのです。アメリカ人はいらないのに。これがちょっとめんどうでした。ニューヨークにベリーズ領事館とかないので、DCにある大使館に郵送で手続き、ってことでドキドキでした。


san pedro サン・ペドロって?

サン・ペドロはベリーズ最大の島、アンバーグリス・キー(Ambergris Caye)にある町。ベリーズ・バリア・リーフへのダイビングの拠点となっていて、素朴ながらちゃんとリゾートとして開発されてるんだけど、その名前は実は世界中に知られているかも。
マドンナの"La Isla Bonita"という曲、ご存知でしょうか?ずいぶん前だけど、日本でもなんかのドラマの主題歌にもなってたはずで、たぶん聞けばみんな分かるのでは、と思うんだけど、実はサン・ペドロ、その歌の舞台なのです。曲の冒頭から、♪Last night I dreamt of San Pedro~って感じで出てくるのです。スペイン語で"美しい島"という意味ですね。実は今回行き先をベリーズと決めた後、滞在する町をサン・ペドロかキーカーカーと迷ったんだけど、"La Isla Bonita"をみてみたい、という理由でサン・ペドロに決定したのでした。
サン・ペドロはゆったりリゾートという評判だけあって(対してキーカーカーはバックパッカーに人気)、ほんとは物価が安いはずのベリーズにありながら、ちょっといいホテルはUS$100以上、って感じでそれなりにします。でもまあ、カンクン辺りと比べると、安いけどね。わたしが泊まったところが1泊$110でしたが、スタッフよし、部屋もきれいだったので、満足満足。

sunrise サン・ペドロ=La Isla Bonita=海、というイメージかと思いますが、海は海だけど、ビーチ、という感じじゃなかったです。ちょっとしたビーチはもちろんあるけど、基本的にはボートにちょっと乗ってリーフへ行って、シュノーケリングやダイビングや散策を楽しむ、というのがここのスタイルみたい。でも、海は広い!!ってのはこんな感じで実感できます。

golf cart サン・ペドロの町で印象的なのがこのゴルフカート。ゴルフカートが公道を走っているのですが、なんとレンタカーなのです。ゴルフカートならわたしも運転できるじゃん、と思ったけど、公道を走っている以上、フツウの自動車と同じ道路法規が適用され、当然ベリーズで有効な免許(国際免許とかね)が必要、ということでわたしはムリ(日本の免許しか持ってないので)・・・。

行き方

で、このサン・ペドロへの行き方はといえば、ご想像のとおり、なかなか大変です。まずは国際空港のあるベリーズ・シティへ。ベリーズ・シティへはAmerican Airlines、Continental Airlines、Delta Airlines、USAirways、TACA(中米を拠点とした航空会社)が乗り入れているので、これらの航空会社のハブ空港であるダラスやシカゴ、マイアミなどを経由して来ることになります。ちなみにニューヨークからも直行便はないので、乗り継ぎの回数を考えれば日本からも同じ手間(違うけど・・・)で行ける、ということ。

で、「まずは」と書いているとおり、まだ着かないんだよね~。ベリーズ・シティで、本土と島々を結ぶ国内線に乗り換えます。現在はTropic AirとMaya Airという2つの航空会社が就航してるけど、どちらも値段はほぼ一緒(サン・ペドロまで片道100ドルくらい)で、それぞれサン・ペドロへは毎時1本飛んでいる、といった感じ。この飛行機、プロペラ機なのよ~。前にフィジーに行った時に乗った飛行機よりは若干大きくて12-3人乗りだったけど、サン・ペドロへ向かう際に乗り込もうとしたら「ちょっと待て」と言われ、最後まで乗せてもらえなくて何かと思えば、「君は体が小さいから一番後ろの3人がけの席へ」って。こんな風に言われちゃうくらいの小さな飛行機。帰りは帰りで貴重な体験をしたんだけど、それは後ほど~。

ということで、ニューヨークからも飛行機を2回乗り継いで、全部で7時間くらい掛かってようやく到着です。

中米―グアテマラ・コスタリカ・ベリーズ・エルサルバドル・ホンジュラス・ニカラグア・パナマ〈2001‐2002版〉
「地球の歩き方」編集部
ダイヤモンドビッグ社 (2001/01)
売り上げランキング: 143,198
おすすめ度の平均: 4
4 パナマに行きました☆

  1. 2005/12/30(金) 20:33:09|
  2. - belize
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

Belizeの旅

11月24日はThanksgiving Day。25日もDay after thanksgivingということでお休み、という訳でこの週末は4連休でした。休日の少ないアメリカ(ちなみに日本は韓国と並んで世界一多いらしいよ)、4連休は大切です。という訳で、夏休み終了と同時に調査を始めて(!)、検討の結果、今回の目的地は中米の国Belizeに決定!

フツウは「Belizeってどこ?ていうか何?」という感じだと思いますが、実はオーストラリアのグレート・バリア・リーフ(GBR)に次いで世界で2番目に大きい、ベリーズ・バリア・リーフ、という世界遺産がある国です。去年はGBRで潜った(ゲロゲロだったけど)ワタクシ的には行かねば!!って感じで、ビザがいるとかNYから直行便はないとか、いろいろあるマイナス要素を全部無視して決定!!有名なBlue Holeというポイントに潜るべく、ベリーズで最も大きなキー(島)であるアンバーグリス・キーのSan Pedroという町を目的地に設定。

出発の朝のNYの気温は-3℃!!南の島への大脱走、始まりです!!

Belizeって?San Pedroって?<Belizeの旅 その1>
Diving in Belize<Belizeの旅 その2>
・セスナでGo!<Belizeの旅 その3>

中米―グアテマラ・コスタリカ・ベリーズ・エルサルバドル・ホンジュラス・ニカラグア・パナマ〈2001‐2002版〉
「地球の歩き方」編集部
ダイヤモンドビッグ社 (2001/01)
売り上げランキング: 143,198
おすすめ度の平均: 4
4 パナマに行きました☆

  1. 2005/11/28(月) 23:07:22|
  2. - belize
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

weather in new york

Click for New York, New York Forecast

profile

newyorker

Author:newyorker
2005年3月末から「楽しいこと重視」なニューヨーク生活を送っています。
ニューヨークの楽しいこと(ときどきムカつくこと)、おいしいもの、それからニューヨークからの旅(おもに南の楽園)について書いています。

recent entries

comments

trackbacks

categories

archive

search

Google
newyork! newyork! WWW

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

visitors

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。