new york! new york!

ニューヨーク情報。日々感じることを、新鮮なうちに記録します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

注文したその日に本が届く! <Barnes and Noble>

最近ちょっとカンドーしたサービスをご紹介。

なんとなく、「ネットショッピングってアメリカで始まってるわけだし、最先端なんでしょ?」と思いながら渡米したのですが、ところがどっこい、送料・手数料がかかったり(日本だとAmazonみたいに、一定金額買えば送料タダ、ってのが多いよね)、しかも届くのに時間がかかったり(これは国土が広大だからある程度しょうがないか、とも思うけど)、意外とイケてない、というのが全般的な感想なんだけど、そんな中で「これはイイ!」と思ったのが、本屋Barnes and Nobleのオンライン・ストア。

何がいいって、午前11時までに注文したら、その日中に配達してくれるのです!旅行の計画を立てるにあたって本を探していたのですが、朝注文して、会社行って帰ってきたら届いてるってのはナカナカ気持ちいいもんです。サービスが悪いアメリカにあって、「いいサービスを受けている」という感じがします。

ちなみにこのBarnes and Noble、チェーンの大型書店で、映画ユー・ガット・メールでトム・ハンクスが経営する本屋のモデルになったお店ですが、いつも、ココロが広い本屋だなー、と思ってしまいます。だって、「座り読み」ができるようにイスもたくさん置いてあるし、地べたで座り読みしてる人にも注意ナシ。イスがあるのは快適です。

ユー・ガット・メール 特別版
ワーナー・ホーム・ビデオ (2005/09/30)
売り上げランキング: 2,755
おすすめ度の平均: 4.5
5 何度でも見返してしまう映画です
4 気になるメールの相手とは・・・?
スポンサーサイト

  1. 2006/04/24(月) 23:00:33|
  2. tips for living in new york
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NY 交通費節約Tips

ニューヨークは、車社会アメリカにあって、唯一車なしでも生きていける、と言われており、公共交通機関が発達している。(おかげで、わたしは現時点でニューヨーク州の免許は持ってない。)という訳で、ニューヨーク市内の移動は、主に地下鉄・バスを利用することになる。

で、その地下鉄・バスはともにMetropolitan Transportation Authority(MTA)というところが運営している。という訳で、1枚のMetroCardで地下鉄にもバスにも乗ることが可能。値段は、地下鉄もバスも距離に関係なく1回$2だけど、まとめ買いによるおまけや、乗り放題券(Unlimited MetroCard)など、お得な使い方もあるのです。

metrocard まとめ買いのおまけ
MetroCardは、1回分($2)ずつでも買えるのですが、$10分まとめ買いするだけでおまけがついてくるのでおすすめ。$10以上買うと20%、つまり$10買うと$12分乗れる、というわけ。
ちなみにMetrocardは、形状は磁気ストライプのついたペラペラのプリペイドカード(→)ですが、日本のSuicaのように、追加でチャージできるので、チャージする時もぜひ$10単位でしましょう!(でも$100まとめてチャージしたところでおまけ率は変わらない…。残念)

乗り放題券(Unlimited MetroCard)
見た目は普通のMetroCardと一緒(これは紛らわしいので変えて欲しい)だけど、有効期間中、乗り放題になるもの。1日で$7、7日で$24、30日で$76などがあります。いろいろ観光して回ろう!という場合には便利。あと、NYの地下鉄、慣れないとなぜか乗り間違えて反対方向に行ったりしがち(わたしもやったし、うちに遊びに来たゲスト方もほとんどみなさん経験済み?)なので、そんな場合にも心強い。

乗り換えのコツ
これはちょっと上級編。上に、"1回$2"と書きましたが、厳密にはそうではないのです。実は、以下の乗り換えは無料でできるのです。
・地下鉄→地下鉄
 改札を出ない限り何度でも。
・地下鉄→バス、バス→地下鉄
 2時間以内なら無料。1回だけ
・バス→バス
 2時間以内、且つ異なる路線なら無料。1回だけ
という訳で、ちょっとした買い物とかだったら、「行きはバス、帰りは地下鉄」とかその逆、あるいは「行きと帰りで違う路線のバス」という風な動き方をすると、$2で済んでしまうのです。お得じゃない?
ちなみに、路線選択が上級編なだけで、この乗り換え無料、はカードが勝手にやってくれるので難しくありません。

とまあ、普段からそれなりのお得なTipsはあるんだけど、どうやらMTAの収支状況がよいらしく、乗客への還元、ということで、Thanksgiving DayからNew Year's Dayまでの間の週末、およびChristmas DayからNew Year's Dayまでの毎日、地下鉄・バスの運賃を普段の半額の$1にすることが、MTAの取締役会で決まったらしい。詳細はまだ明らかになっていないけど、Unlimited Metrocardにも、何らかの割引が適用される模様。この値引きにより、MTAの負担は約$5000万(日本円で約58億円)増える見積もりだそうです。

MTA Board Approves Holiday Discount Fare

  1. 2005/11/03(木) 21:33:38|
  2. tips for living in new york
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5番街ショッピングで疲れたら <590 Madison Avenue Atrium>

atrium 5番街といえば、言わずと知れたショッピング街。あのTiffanyやVuitton、Gucciをはじめとしたブランド・ショップや、SAX Fifth Avenue、Henri Bendelといった高級デパートが並んでいます。なかなか、即お買い上げ!という訳にもいかないので、ぐるぐる歩き回ることになりがちですが、そんな時におすすめの休憩スポットをご紹介。

それは、590 Madison Avenue Atriumというパブリック・スペース。パブリック・スペースとは、読んで字のごとく、公共のスペースのこと。マンハッタンには、ビルとビルの間に小さい公園のようなパブリック・スペースがたくさんあり、天気のよい暖かい日にはランチを食べるニューヨーカーで賑わってたりしますが、この590 Madison Avenue Atriumは「屋根のある」パブリック・スペースです。壁・天井がガラス張りなので、開放感は保ちつつも、寒さも雨もしのげるのです。

sky 場所は、5th Ave.、Madison Ave.、56th St.、57th St.に囲われたブロック。おすすめのルートは、5th Ave.沿いのTrump Tower(不動産王ドナルド・トランプが建てたビル。)から入って、そこの2階にあるスタバでコーヒーを買ってから、裏口(?)からAtriumに抜けるルート。コーヒーが買えるのに加え、金ピカの内装(ほんとに、金ピカとしか表現のしようがない)Trump Towerも一見の価値アリです。

Atrium内から上を見上げるとこんな感じ。そびえ立っているのが、金ピカのTrump Towerです。

あ、ちなみにAtrium内にもコーヒースタンドがあって、そこで飲み物や軽食も買えます。コーヒースタンドがあっても、持ち込みも自由、太っ腹です。(アルコールは禁止)

apple Atriumは、アート・スペースも兼ねていて、いろいろな作品が展示してあります。一番上の写真、テーブルとイスがとても大きいことに気づきましたか?これも作品なのです。Robert Therrienという彫刻家の、"Table and Six Chairs"という作品で、11/28まではコレがAtriumの主役です。

他にも、→のような作品(これも彫刻、というのかな?これは常設だと思う。)が展示されており、アートな気分が味わえます。

  1. 2005/10/23(日) 20:30:01|
  2. tips for living in new york
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お得な夜景スポット <the River Cafe横>

前に夜景のきれいなレストランとしてBrooklyn Bridge脇にあるRiver Cafeを紹介したけど、その後もっと気軽に同じ夜景を楽しむ方法があることに気づいたので。

それは、River Cafe横にあるデッキ。River Cafeがジャケット着用、料理はコースのみ、もちろん予約必須!とそれなりに気張らないと行けないのに対して、その横にあるデッキは入り放題、もちろん服装も自由!ということでお手軽。

brooklyn bridge at night この通り、しっかりBrooklyn Bridgeも見えます。わたしのお気に入り、「外から見たマンハッタン」を、ここからも堪能することができます。

お得に夜景を楽しめるスポット(River Cafe横)
1 Water Street, Brooklyn, New York, NY11201
718-552-5200

  1. 2005/09/24(土) 07:00:52|
  2. tips for living in new york
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

お買い得な1週間 <Tax Free Week>

突然ですが、ニューヨークは税金が高い。消費税が8.625%、ということで、ちょっと買い物しても、レジで値段を告げられると「え、そんなに?」と思ってしまうこともしばしば。

そんなニューヨークですが、実は年に2週間だけ、消費税が免除されるTax Free Weekというのがあります。で、今年の夏は8/30~9/5、ちょうど新学期が始まる"Back to School"のタイミングで設定されているようです。(もう終わってしまいましたが…。)

ただ、消費税免除、といってもなんでもかんでも免除になるわけではなく、対象はかなり限られています。$110までの洋服、靴などのみで、バッグとかアクセサリーは対象外。それって意味あんの?とちょっと思ってしまったのですが。

shoes それが意外に意味がありましたー。夏物のトップスとかだと$100以下だし、なんと店によってはこのTax Free Weekにあわせてセールなどやってたりして、普段の値段なら対象外、というものも免除されたり。実はこの靴、秋物ですが、先取りセールになってて晴れてTax Freeの対象となりましたなんかWでお得な感じ。

次回のTax Free Weekは1/30/2006-2/6/2006ですって。詳細は↓
NYC Finance website

  1. 2005/09/08(木) 22:44:14|
  2. tips for living in new york
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

weather in new york

Click for New York, New York Forecast

profile

newyorker

Author:newyorker
2005年3月末から「楽しいこと重視」なニューヨーク生活を送っています。
ニューヨークの楽しいこと(ときどきムカつくこと)、おいしいもの、それからニューヨークからの旅(おもに南の楽園)について書いています。

recent entries

comments

trackbacks

categories

archive

search

Google
newyork! newyork! WWW

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

visitors

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。