new york! new york!

ニューヨーク情報。日々感じることを、新鮮なうちに記録します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Restaurant Week 2 <komegashi>

komegashi1 Restaurant Weekその2、ということで、今日はkomegashiに行ってきた。ジャパニーズ・フレンチのお店で、実は日本人のともだちからも、仕事で知り合ったアメリカ人からもおすすめされていて、かなり期待して行ってみた。席に着くと、写真の通り雰囲気はかなりいい感じで、料理への期待も膨らむ。さすが日本人オーナーのお店。

もちろんフツウのメニューもあるのだけど、せっかくなのでRestaurant Weekのプリフィクス・コースを注文。わたしは、
・Sushi Panachee
・Skewer Assortment
・Chilled Passion Fruit Consomee
をチョイス。

komegashi2 まず、amuseということで、ちいさな前菜が。繊細な盛り付け。実はウェイターのお兄さんが言っていることがよく分からず、結局食べてもきゅうりしか分からなかったのだけど・・・。

komegashi3 次は、appetizerのSushi Panachee。メニューを読むだけではここまでは想像できなかった!という美しい盛り付け。ちょっと香ばしいすし飯の上に、トビ子のゼリーの層があって、その上にネタが盛り付けられている。右手前のホイップ上になっているのがワサビで、手前に並んでいるキューブ型のゼリーがしょうゆ。肝心の味もgood!で、これは日本でもウケそう。

komegashi4 そしてentreeのSkewer Assortment。ひとことで言うと、串焼きの盛り合わせ。ソースが凝っている。奥のお皿に3種類見えるが、左からDemi Soy(しょうゆベースのデミソース。お肉にあわせて)、Passion Ponzu(パッションフルーツと、ポン酢のソース。お魚、野菜にあわせて)、Nori Tapenade(アンチョビ、黒オリーブ、ケッパー、にんにくをすりつぶしてオリーブ油を加えたペースト状ソースであるTapenadeに、のりをミックス。お店いちばんのおすすめで、お肉もお魚も野菜もOK!)。個人的にはPassion Ponzuがいちばんさわやかで気に入ったかな。焼き加減がいい感じで、特にビーフがおいしかった。

komegashi5 そしてデザート。Chilled Passion Fruit Consomee。フルーツ、チーズのアイスクリーム、ラズベリーのソルベが盛り付けられている上に、パッションフルーツのソースをかけてくれる。コンソメとはこういうことか、と納得。パッションフルーツはちょっと酸っぱかったけど、軽いデザートで、今日も完食。

komegashi6 最後はカプチーノで閉め。ステキなカップ。ちょっと持ちにくかったけどね(笑)

かなり期待して行ったけど、期待を裏切らない味・雰囲気のお店。ちょっとアメリカ人には分かりにくいよさかもしれないけど・・・。お店にカウンターがあることも確認したし、一人で行くのもありかと。

komegashi
928 Broadway, New York (bet 21st and 22nd Street)
212-475-3207




スポンサーサイト

  1. 2005/06/30(木) 23:10:56|
  2. dining
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Restaurant Week<Blue Fin>

ニューヨークでは今、Restaurant Weekというのをやっているらしい。6/20-24、6/27-7/1の2週間、ということでもう終わりかけているんだけど、このイベントに参加しているレストランでは、ランチは$20.12、ディナーは$35でプリフィクスのコースを提供している。

今日の昼はたまたま会社関係のお客さんがあって、前に一度行ったBlue Finでランチだったのだけど、ここでもRestaurant Weekのメニューがあって、昼からコースを食べてしまった。アラカルトで頼むよりは安いけど、飲み物とか頼んでなんだかんだで一人$40くらいかかってしまったけど。

Restaurant Weekのメニューはこちら。わたしはコーンチャウダー、タイのソテー、チーズケーキを選んだけど、どれもなかなかおいしかった。特にチーズケーキは、アメリカらしからぬ抑えた甘味で、無事完食~。
もう終わりかけのこのイベントだけど、残り2日、挑戦してみたい。

Blue Fin
1567 Broadway(at 47th St.)
212.918.1400





  1. 2005/06/29(水) 23:43:32|
  2. dining
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大きすぎ・・・ <Sparks Steak House>

アメリカといえばステーキ!というイメージはもちろんわたしも持っているんだけど、なんとなく行く機会を逃していて、今日が初ステーキ。ニューヨークのステーキといえば、Peter Luger Steakhouseが有名なんだけど、Brooklynまで行くのはちょっと、と思い、まずはManhattanで評判のSparks Steak Houseへ。

行く前に「今から行きたいんだけど」と電話したら、「今すぐはムリ、9時まで待って」と言われ、混んでるもんだね、と思いながら行ってみてちょっとびっくり。お店は相当広いんだけど、混んでる。平日なのに。やはりアメリカ人は肉好きなのね。

わたしたちが頼んだのが、
・アスパラガスのサラダ
・いちばんのおすすめという、サーロイン・ステーキ×2
・付け合せのマッシュルーム
の3品。でもあとからこれが失敗だった、と反省したね。

アスパラのサラダは、1つしか頼んでないのに、2皿運ばれてきた。「1つしか頼んでないよ」というと、「2皿に分けてサーブしたんだよ」との答え。これが1人前??と驚き、ステーキ2つは頼みすぎっぽいよね、とともだちと心配していると、ステーキが運ばれてきた。

steak

想像を超える大きさ・・・。肉の厚みは5cmはある。想定重量500g・・・。そしてマッシュルームも巨大。どう考えても食べきれないし、たとえ食べ切れたとしても、それは自虐的な行為に思える。食べたいだけ、食べよう、ということで食べ始めると、味はうまい。けっこうジューシー。マッシュルームもバターの味が利いてておいしい。ということで、最初はパクパクと食べてたけど、やはり半分に到達するか否かでギブアップ。もったいなーい。

ということで、いくら腹ペコの状態でレストランに行ったとしても、ここはアメリカ、ということを忘れずに注文すべし、というのが今日の教訓。

Sparks Steak House
210 East 46th Street(bet 2nd and 3rd Ave)
212-687-4855





  1. 2005/06/28(火) 23:42:41|
  2. dining
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おしゃれメキシカン <Dos Caminos>

わたくし、メキシコ料理が大好きです。チーズとチリと、アボカドと。アメリカはメキシコのお隣、というだけあって、メキシカンのファスト・フードもあるし、デリでケサディーリャとかも売ってるし、わりと身近。

ここDos Caminosはちょっとおしゃれなメキシカン。おしゃれなだけで、お味はどうよ、とちょっと疑いつつ行ってみたところ、けっこうおいしかった。

molcajete実物の写真を撮り損ねてしまったんだけど、ここのワカモレがすごいです。右の写真の石臼?というのかな(molcajeteというらしいです。Williams Sonomaのサイトで発見)、テーブルの横で、石の器で作ってくれます。テーブルについたときに、真ん中にどーんと石臼?があって、なんじゃこりゃ、と思ったら、そういう用途だった。でもやはりボリュームもどーん、という感じで、危うくワカモレだけでお腹いっぱいになるところだった。

ちょっとお店が暗すぎた気もしないでもないけど、まあいい雰囲気で、味もまあよい、ということで、合格なお店でした。





  1. 2005/06/27(月) 23:25:38|
  2. dining
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デザートバー!<ChikaLicious>

デザートのコース(!)が食べられるお店。Amuse、Main、Petit Foursの3皿からなるコースが$12。Mainが6種類くらいから選べるようになっている。日本人のチカさんとそのだんなさん、お友達がやっているお店らしいんだけど、日本人がやってるだけあって、味が上品、そして量も適度。

デザートのコース、というとなかなかイメージしにくいけど、Amuseはちゃんと前菜っぽいデザート、MainはMainらしいインパクトのあるデザート、Petit Fourは食後(というかデザート後?)にふさわしいデザート、と、きちんとコースの体裁をなしていた。

わたしが食べたのは、写真左から
 ・トマトのジュレとバジルのソルベ
 ・イチゴのオーブン焼き、ブラウンシュガーのショートブレッド添え
 ・プチフール
バジルのソルベは初めて体験する味だったけど、さわやかでおいしかった。少し甘いのでデザートだな、という感じはするけど、フツウの食事の前菜としてもイケると思う。イチゴのオーブン焼きも初体験の味。外は少し乾燥してるけど、なかはジューシーで、焼いたことで甘みが増していて、これも美味。プチフールの中では、ココナッツマシュマロ(白いやつ)がふわふわでおいしかった!

chika3chika2chika1

どこか別のレストランで食事してからデザートを食べに、というには少し量が多い気がするけど、休みの日のお茶タイムを過ごすには、かなりいい場所だと思う。

ChikaLicious
203 East 10th Street, New York, NY 10003(10th Street bet 1st and 2nd Ave.)
212-995-9511





  1. 2005/06/26(日) 23:53:59|
  2. dining
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

歌がすごい、衣装がおもしろい <BKLYN>

明日からともだちがやって来る、ということで、いろんなチケットを物色していると、BKLYNが6/26(日)で終演、という情報が。

ということで急遽思い立ち、観にいってきた。例のdiscountを利用して:)

ストーリーは、パリで出会った歌手の母と歌手志望のアメリカ人の父親から生まれた「BKLYN」が、徴兵のためにアメリカに戻ってからフランスに戻ってこなかった、自分が生まれたことも知らない父を探すため、父の故郷、アメリカのブルックリンにやってくる、というもの。

演出がユニーク。役者はたった5人で、場面転換も衣装チェンジもその場で役者がやってしまう。そして衣装はボロボロの布を巻き付けたものや、ぬいぐるみで作った毛皮風のコート、「I LOVE NY」のスーパーの袋で作ったドレス、「工事中」のガムテープでできた髪飾りなど、おもしろい。

最初はちょっと学芸会チックでなんだかな、と思ったけど、本格的に歌が始まってからは圧倒された。5人とも声量がすごい。ミュージカル、というよりはライブみたいだった。

余談だけど、予想はしていたが予想以上に寒かった・・・。ほんとにもう少し「省エネ」とか「環境保護」とか考えた方がいいよ、アメリカは。明日からのエンターテイメント・ウィーク(友達が来るので、かなりタイトにスケジュールを組んでいる)は、しっかり防寒対策をして望まねば、と改めて思った。

BKLYN @Gerald Schoenfeld Theatre
236 West 45th Street, New York
212.239.6200





  1. 2005/06/25(土) 16:34:57|
  2. entertainment
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マンハッタン洗濯事情

マンハッタンの洗濯事情は、日本のそれとは大きく違う。

いちばん大きな違いは、部屋に洗濯機がないのが一般的であるということ。日本だとちょっと考えられないけど、高級アパートでも、洗濯機は各部屋になく、laundry roomにずらーっと並べられているのがフツウである。わたしも渡米前にその話を聞いて、「一般的じゃなくても、洗濯機がある部屋に住む!」と一旦は決意したのだが、来てみると、洗濯機つきの物件はほんと限られていて、断念。というか、寮にいたときはそうだったよね、とか思って、洗濯機なしの部屋に住んでいる。

そして2つ目の大きな違いは、洗濯機の性能。まあ洗濯機に限らず、家電製品全般を通して言えることだけど、いやー、日本はスゲぇよ。洗濯から乾燥までいっぺんにできちゃう洗濯機があるよ、なんて聞いたら、アメリカ人はびっくりするはず。で、うちの洗濯機の性能が如何ほどのものかと言うと、全自動ではあるんだけど、柔軟剤投入口がない。柔軟剤はいつ入れればいいのだ?と思ってinstructionを読んでみると、"rinseと表示されたら入れろ"、と。

ココで困ったことが発生している訳だ。洗濯機は部屋にはない、つまりそんなにちょくちょく様子を観察することができない状況にあって、どうやって"rinse"と表示されるタイミングで柔軟剤を投入することができるというのか。どう考えても無理。ということで、しばらくは乾燥機に入れる柔軟剤シート(家電製品は遅れてるのに、なぜかこういうのは進んでる。不思議。)で我慢してたんだけど、いいものの存在を教えてもらい、ついに解決。

dawny2 その解決策となったのが、ダウニーボール。ダウニーというのがこっちではpopularな柔軟剤なんだけど、それようの容器。ボール型で、ゴムの栓ができるようになっている。使い方は至って簡単で、ダウニーボールに柔軟剤を入れて、ゴムの栓をして、洗濯物と一緒に入れて洗濯するだけ。脱水のときの遠心力でゴムの栓が外れる仕組みで、すすぎの際に柔軟剤が投入できる、というもの。いやー、便利便利。



こうして問題は解決したけど、でもよく考えると洗濯機に柔軟剤投入口が備わっていれば問題にもならないわけで、アメリカのメーカーには、「ちっちゃな便利グッズ」の開発でだけじゃなくて、もう少し広い視野での取り組みを行って欲しい、と思うわ。





  1. 2005/06/25(土) 10:02:04|
  2. tips for living in new york
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミュージカルを安く観る方法

ニューヨークといえば、ミュージカル!なのですが、実はそれなりに高い(いい席は$100する)のよね。ので、そうちょくちょく行くのは・・・と思っていたのだけど、この度ともだちが旅行に来るというので、ちょっと探してみたら、結構discountがあることを発見。ということで、そのまとめ。

まずちょー有名なのが、半額チケット屋のtkts。
tkts discount ticket booth
tkts これは各種ガイドブックにも「ミュージカルを安く観る方法」としても紹介されている。場所は、Times Squareの一画、Duffy's Squareというところ。いつも大行列になっているので、行けばわかる。ここでは25%-50%引きのチケットを販売しているのだが、他の割引と比較して取り扱う演目も多くなかなか魅力的に写るのだけど、あまり便利じゃないので、わたしはまだ使ったことがない。
たとえば、ながーい列に並ばないといけない、とか、当日分しか売らない(要は、売れ残ったチケットを安く売ってるということ)、とか、クレジットカードは使えない、とか。
時間があって忍耐強い人向け。

Times Square Information Center
うちのすぐ近所(7th Ave. bet 46th and 47the)にある観光案内所。バスや地下鉄の路線図をくれたり、ここでBroadwayのチケットも買えたりする。あと、切手とかも売ってるかな。
で、肝心のミュージカルdiscountだけど、割引券があります。が、その割引券は、中央のカウンターに座ってる係りの人に言うと出してくれる(言わないと出してくれない)。割引券だけに当たり前だけど、品切れのときもあるので、わざわざ出向いて、目的のものが入手できずがっくりする可能性大。

そしてつい最近知ったのが、ネット上のクーポンサイトみたいなの。いくつかあるんだけど、たとえばHIT SHOW CLUBやHot NYC Deals.comなど。それぞれ取り扱ってる演目・期間が違うので、両方チェックするのが望ましい。

HIT SHOW CLUB
簡単な会員登録が必要(無料)。ログインすると、discountのある演目がずらっと表示されるので、観たいものの詳細を確認。ネットや電話やチケットボックスでチケットを買う際に、詳細ページに表示される"discount code"というのを使用すると割引が適用される。
ちなみにどれくらい割り引かれるかというと、いま出ている"CHICAGO"は、
 -$100の席が、平日(火・水・木)は$61.25、週末(金・土昼・日)は$73.7。(土夜はdiscountなし)
 -$77.5の席が、平日(火・水・木)は$55.5、週末(金・土昼・日)は$66.25。(土夜はdiscountなし)
 -$67.5の席が、平日(火・水・木)は$44.25、週末(金・土昼・日)は$53.5。(土夜はdiscountなし)
てな具合。

Hot NYC Deals.com
こちらは会員登録不要。割引適用の方法は、HIT SHOW CLUBと同様。

あと、これも最近知ったんだけど、AMEXの会員向けの割引がある。
AMERICAN EXPRESS TICKET SAVINGS CENTER
ここで、"discount code"を入手して、使い方は上の2つのサイトと同様。このAMEXのサービスは、マンハッタンに限らず全米のdiscount couponがあること、あと、ショー以外にスポーツ系のイベントも取り扱っているよう。

という訳で、探せばあるものだな、と。大きいものだと半額ぐらいになってたりもするので、かなり行きやすくなりそう:)

**2005/08/01追記**

他にもいろいろありました~。
BroadwayBox
Theater Mania




  1. 2005/06/24(金) 22:58:33|
  2. entertainment
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本よりうまいかも <Gyu-kaku>

ニューヨークで焼肉?と思うかもしれないけど、マンハッタンの牛角はうまかったです。牛角っぽくない牛角だった。店内は割りと落ち着いたいい雰囲気で、意外なことにLocalだけのグループも結構多かった。

こっちの肉にはないjuicyさというか、適度な脂というか、それがおいしかった。特に神戸カルビがうまい。あと、ジョッキが凍っててビールがキンキンに冷えてておいしいし、ビビンバ・ラーメンなども熱々でうまい。まあ日本だと当たり前かもしれないけど。

そして店員が親切。めずらしい。外人もみんな少しだけだけど日本語を話すし。

ニューヨークに旅行に来たときにぜひ!という感じではないけど、長く日本を離れて、日本の味がなつかし~!と言う人にはかなりおすすめ。

ちなみに今日は会社の人と行って、あみだくじで支払額を決めたところ、見事"0ドル"を引き当てた。ちょっといい日だったかも。

Gyu-Kaku
34, CooperSq.NewYork, NY 10003(East Village)
212 475-2989




  1. 2005/06/23(木) 23:25:18|
  2. dining
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Plastic

"Plastic"って何のことか分かりますか?

実はクレジットカードのこと。わたしはこっちに来るまで全然知らなかった。でも新聞とか読んでると結構出てくるのよね。

そして先日、実生活でもめぐりあいました。あるお店で買い物してレジに行ったところ、"Are you gonna pay with your plastic?"と聞かれて、おー、こうやって使うのか、と思ったのでした。

こうやって突然遭遇するので、覚えておくとよいと思う。





  1. 2005/06/21(火) 22:16:22|
  2. tips for living in new york
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なんともいえない音色 <World Steelband Festival 2005>

steelpanfestival今日は、World Steelband Festival 2005を聴きに、Madison Square Gardenに行ってきた。Steel Panとは、Trinidad and Tobago生まれの楽器。石油を入れるドラム缶を真横に切ってひっくり返して、底に凹凸をつけた打楽器。打楽器といっても、メロディーが奏でられる。その音は、澄んでいて切なくて、とにかく美しい。日本だと、TropicanaのCMで、"I WANT YOU BACK"をカバーした曲が流れてたけど、分かるかしら?日本ではまだまだ馴染みがないけど、わたしにとっては思い出深い楽器なので、このイベントを発見して即チケットを手配。

予想はしてたけど、黒人ばっかりだー。そりゃそうだな。ときどき白人もいたけど、アジア人は皆無。隣の席のおじさんも、不審げにわたしを見ていたわ。しょうがないので、昔住んでたのよー、って話をしたら納得した模様。

このイベントは、これまではTrinidad国内で開催されてたらしいけど、今年初めて海外に進出したらしい。Stell Panオーケストラの世界一を決めるコンクール。トリニダードだけじゃなく、アメリカやカナダからのオーケストラも参加していた。

なんか、なつかしかった!オーケストラ、と言うだけあって、曲はチャイコフスキーとかだったりするんだけど、アレンジがTrinidad的というか、ノリノリな箇所とかあってうれしくなる。指揮者も、それは指揮ではなくダンスでは?というくらいの動き出し、パフォーマーたちは当然、全身を使って表現。やっぱ今年のカーニバルは行かなきゃだな、と決意したわ。

実は、イベントの段取りが悪く、バンドとバンドの間の時間がものすごく長く(演奏が終了したバンドの楽器=100個くらいのSteel Panを片付け、次に演奏するバンドの楽器を並べる、というのをやるので、20分くらいかかる)ちょっとつらくなってしまい途中で帰ったので、どこが一番になったかは分からないのだけど、わたし的にはTCL GROUPというバンドがサイコーだった!

ネットで調べてみたら、日本にもSteel Panオーケストラがあるのね。ちょうど新しいアルバムが出るみたい。
JUMP UP JAM
Panorama Steel Orchestra
〈COLEZO!〉ベスト・オブ・スティールパン





  1. 2005/06/19(日) 20:22:47|
  2. life in new york -diary-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅行計画

前にも書いたけど、わたしは旅好き。連休とあれば、どこかに出かけずにはいられないタチなので、日ごろから候補地の情報収集は怠らない。ニューヨークにいるからこそ行けるところ(日本からだと行きにくいところ)に行っとこう!ということで、いまはカリブ、南米、アメリカ国内に注目。情報収集といえばネットももちろん役に立つんだけど、やっぱりガイドブックは頼りになる。

ところが、こっちのガイドブックはなんだかイマイチなのだ。情報量は多いんだけど、ほとんど字なの。写真とか載ってない。それにやっぱりわたしは日本人なので、日本語で書いてある方が助かる・・・。

ということで、もっとよく考えてガイドブックを持ってきておけば、と思う今日この頃なのです。

カリブ海の島々〈2004~2005年版〉
「地球の歩き方」編集室
ダイヤモンドビッグ社 (2004/04)
売り上げランキング: 32,426
おすすめ度の平均: 4
4 意外と楽しめます

世界のビーチ&リゾート [2005]

ダイヤモンド・ビッグ社 (2005/06)

地球の歩き方 (B20)
地球の歩き方 (B20)
posted with amazlet at 05.06.20
地球の歩き方編集室
ダイヤモンド・ビッグ社 (2005/03)
売り上げランキング: 108,663

地球の歩き方 リゾート313 カンクン ロス・カボス
地球の歩き方編集室
ダイヤモンド社 (2004/10/09)
売り上げランキング: 14,586

アメリカ50州を読む地図
浅井 信雄
新潮社 (1998/04)
売り上げランキング: 8,725
おすすめ度の平均: 4.6
4 アメリカに行く飛行機の中で読みたい本!
5 卓上に常備
5 「読む地図」に納得

  1. 2005/06/19(日) 13:10:16|
  2. trip from new york
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デジカメ買い替えを検討中

デジカメ買い替えを検討中。いま使ってるオリンパスのμ-30 も、買ってからまだ1年ちょっとしかたっていないんだけど、この1年間でデジカメの機能がどんどん進んでる気がして、買い替え気分が上昇中。

いちばん気になってるのが、手ブレ防止機能。こっちに来てから、このBlogのこともあって日常の風景の写真をよく撮るようになったけど、室内とか夜景とか、やはりブレが気になる。昨年ある結婚式で、ともだちがPanasonicのLUMIXを持っていて、少し触らせてもらったらとてもいい感じだったので。

ということで、買い替えデジカメの候補をリストアップしてみた。海の写真は撮り続けたいので、純正ハウジングの有無もわたしにとっては重要なポイント。

メーカー 型番 手ブレ防止 純正ハウジング 電池寿命 画素数 液晶 ズーム 平均価格 最安価格
富士フィルム FinePix F10 500枚 630万画素 2.5 光学3倍 42,622円 35,330円
カシオ EXILIM S500 × 200枚 500万画素 2.2 光学3倍 47,475円 45,150円
カシオ EXILIM Z57 × 400枚 500万画素 2.7 光学3倍 39,413円 34,860円
Canon IXY DIGITAL 600 × 160枚 710万画素 2 光学3倍 46,891円 37,800円
Panasonic LUMIX DMC-FX8-S LUMIX × 300枚 500万画素 2.5 光学3倍 40,684円 37,065円

けっこういろいろ見たけど、「手ブレ防止」「純正ハウジング」の両方を満たすのは、FinePix F10だけのよう・・・。Panasonicはどの機種にもハウジングを作っていないようで、それが痛い。

東京で実機を見てもらったところ、F10はさわり心地もお店の人の評判もなかなかよいらしく、どうやらこれに決めることになりそうです。

FUJIFILM FinePix F10 デジタルカメラ
FUJIFILM FinePix F10 デジタルカメラ





  1. 2005/06/18(土) 22:52:51|
  2. life in new york -diary-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おいしいチョコレート

今日は先輩の家でホームパーティだったので、何かお土産を、と思って出かけたのがグラセン。グラセンについては前にもNew York Transit MuseumやJuniorsのチーズケーキのことを書いたけど、今日はチョコレート屋。

Li-lac Chocolates は、80年以上も続いている老舗のチョコレート屋さん。グリニッジ・ビレッジと、グラセンにお店がある。シンプルな板チョコのようなものから、トリュフ、ナッツ・フルーツが入ったものなどいろんなチョコレートを扱っている。

わたしが気に入っているのは、コーヒー豆をチョコでくるんだもの(写真左の)と、オレンジピールをチョコでくるんだもの(写真右)。どちらもちょっとオトナな味でおすすめ。

今日はお土産、ということでトリュフのギフトを購入。 lilac

  1. 2005/06/18(土) 15:41:25|
  2. life in new york -diary-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

at least we survived!

Yahoo Japanのトピックスにも出たけど、フロリダのディズニーの乗り物で、男の子が亡くなったそう。

何を隠そう、これは先月わたしがオーランドで乗った乗り物です。EpcotにあるMission Spaceというアトラクション。自分たちは宇宙飛行士の卵で、訓練のため火星に行く、という設定。確かにものすごいGがかかったし、「乗り物に酔いやすい人は乗らないで」って書いてあったし、エチケット袋も置いてあったけど(笑)

"at least we survived!"とは、その乗り物に一緒に乗った知り合いから、今日届いたメール。ほんと助かったわ。

Yahoo!ニュース - 時事通信 - ディズニー乗り物で4歳児死亡=搭乗中に意識失う〓米フロリダ州

  1. 2005/06/14(火) 21:22:49|
  2. life in new york -diary-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニューヨークで洋服を買う

こちらへ来る前に、前任の人から「サイズが合う服を買うのが大変なので、とりあえず持ってる服は全部持ってきた方がいいよ」と言われ、もう処分しようかと思ってたものまで持ってきたわたし。でもこっち来てすぐにいろいろお店を回ったら、結構"XS"とか売ってるし、「困らなそうじゃん」とか思っていたのだけど、実際買おうと思うと、ほんと結構大変。だって、"XS"なのに大きかったり、そもそも小さいサイズの方がよく売れるらしく、残ってなかったりするのよ。

というわけで、買い物が悩みだったりする。いろんなショッピングエリア・お店を回ってみて、やっと自分の買い物スタイルが確立してきた気がするので、その整理を。

J.CREW
日本でもおなじみの。ここはサイズ"0"なら、なんとかパンツもはける。先週Madison Avenue店で親切な店員さんに出会い、お店にサイズがない場合でも、店から電話を掛けてカタログショッピング?すれば送料無料で買えるということ、そしてレシートを持っていけばお店で丈詰め(英語ではHemmingという)もしてもらえるということを教えてもらい、早速実行。6/5に注文、6/8にうちに到着。今日お店に持って行って丈詰めのお願いをして来て、3日後に出来上がり予定だって。アメリカにしては高いサービスレベル。

Banana Republic
Banan Republicといえば、ずっと昔にTシャツが流行ったっていうイメージしかなかったけど。でも、実は仕事着として結構使える感じです。ここは、"0P"(0 Petit)ならはける。

GAP
まさかこれほどGAPのお世話になるとは、という感じ。GAPだと、"1"でいい感じ。でもトップスは、XSでもちょっと大きい・・・。

EXPRESS
EXPRESSはかっこいいんだけど、何回か試着したけど、パンツはどう考えてもでかい。ということで、残念。

CLUB MONACO
ここも、何回か試着したけど、パンツははけない。でもこないだおしゃれなベルトを購入。

ということで、なんとか買い物をしていけそうなめどは立ちました。





  1. 2005/06/12(日) 08:00:50|
  2. life in new york -diary-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

画期的だけど不親切 <iPod Camera Connector>

ニューヨークとは全然関係ないんだけど。

わたしには、「ダイビング旅行に行くとデジカメのメモリがいっぱいになってしまって困る」という課題があったんだけど、今年の2月か3月に発売になった新しいiPod Photoは、デジカメと直接つないで写真を保存することができる、ってことで(iPod Camera Connectorというアクセサリが別途いるんだけど)、「これぞわたしが求めていたもの!」と、当時予約して入荷待ち中だったiPod ShuffleをキャンセルしてiPod Photoを買ったのです。で、その後そのiPod Camera Connectorも入手して、この度ようやく使用に至ったのだけど。

使用してみて、「画期的なんだけど、Apple不親切すぎ!」というのが感想。もうさー、マニュアルが不親切すぎ。しかも、Appleのサイト見ても必要な情報見つからないし。親切なユーザーサイトがなかったら、わたしゃ使うのをあきらめてたかもしれないよ。

ということで、ここでちゃんとまとめてみようと思ったのです。

iPod Camera Connectorの使い方

1.iPod Photoのファームウェアのアップデート
 ・iPod Camera Connectorを使用するためには、まずはiPod Photoのファームウェアをバージョン1.1にする必要があります。
 ・iPod Updater 2005-03-23というのをダウンロードして、インストールします。
 ・手順の詳細はAppleのサイトご参照。
 ・ちなみにこの↑手順にはないけど、途中で再起動が発生します。

2.iPod Photoをハードディスクとして使用する設定
 ・iPod Camera Connector経由で取り込んだ写真をパソコンにコピーするためには、iPod Photoをハードディスクとして使用できるように設定しておく必要があります。
 ・手順の詳細はiPod関連情報サイト【大活躍iPod】ご参照。
 ・この手順を実施後、実際にiPodをつなぐタイミングで再起動が発生しました。

3.デジカメから写真をコピー
 ・ここで初めて製品マニュアルが役に立ちます。(笑)
 ・カメラ-iPod Camera Connector-USBケーブル-iPod Photoをつなぎます
 ・iPod Photoのメインメニューから「写真」→「写真の読み込み」→「写真の読み込み」を選択。
 ・少し時間はかかるけど、これでiPod Photoへの取り込み完了です。

4.iPod Photoからパソコンへコピー
 ・iPod Photoをパソコンへ接続します。
 ・エクスプローラーで「リムーバブルディスク」を選択、その下の「DCIM」フォルダ内に写真が保存されてるので、コピーして、適宜保存。

ということで、なかなか長い道のりだけど、これでiPod PhotoとiPod Camera Connectorをフル活用できます。

Apple iPod Photo 60GB w/USB [M9830J/A]Apple iPod Photo 60GB w/USB [M9830J/A]

Apple iPod Camera Connector [M9861G/A]Apple iPod Camera Connector [M9861G/A]





  1. 2005/06/05(日) 23:29:46|
  2. etc.
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本食スーパーに行ってみた <YAGURA>

マンハッタンには日本人がたくさんいる。まあ、これは来る前から聞いていたことだけど、ほんとに毎日の通勤の場面でも必ず何人もすれ違うし、お昼を食べに行く定食屋(和食)も、日本人サラリーマンでいっぱい。
ということで、マンハッタンには「日本食スーパー」なるものが何軒かある。普通は、渡米してきてかなり早い段階でお世話になるらしいのだけど、わたしは何せまだ1度も自炊していないので(笑)なかなか立ち寄る機会がなかったのよね。が、とりあえずもう2ヶ月たって、そろそろご飯でも炊いてみるかー、という気になったので、ついに行ってみた。

行ったのは、41th Streetと5th Avenueuの角近くの、YAGURA。実はこの周りにはBOOKOFFや、おすし屋、それから日本風の調理パンを扱うザイヤというパン屋など、日本的なお店が集まっているところらしい。今日知ったんだけど。

で、YAGURAはどんなところかというと、うーん、いまどき日本(というか東京?)では珍しい、「近所の酒屋」みたいな感じのお店。お酒は売ってなかった気がしたけど。レンコン・大根など日本的な野菜、塩辛・わさび漬けなどご飯の友系のもの、切り身の魚、しょうゆ・みりんなど日本の調味料、ひじき・のりなど乾物、お米、って感じで、一通りの日本食材が置いてありました。こっち来るときに、船便業者に言われたことをまじめに守って、一切食料品は持ってこなかったので(こっちの農務省かなんかで禁止してるらしい)、ここぞとばかり買ってしまった。ちなみに値段も思ったより良心的。
 ・しょうゆ $1.85
 ・みりん  $2.15
 ・ほんだし $1.99
 ・ごま油  $1.99
 ・料理酒  $2.99
 ・米(2kg) $4.99

これから活用することになるのかな~。ちょっと自信ない(笑)

☆inforamtion
 Name: YAGURA
 Address: 24 E. 41st St. (bet. Madison & 5th Aves.)
 Phone:212-679-3777

☆How to get there  Subway: 7Line Grand Central Terminalから徒歩5分
 Bus:M42、104など

  1. 2005/06/04(土) 21:09:25|
  2. tips for living in new york
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

weather in new york

Click for New York, New York Forecast

profile

newyorker

Author:newyorker
2005年3月末から「楽しいこと重視」なニューヨーク生活を送っています。
ニューヨークの楽しいこと(ときどきムカつくこと)、おいしいもの、それからニューヨークからの旅(おもに南の楽園)について書いています。

recent entries

comments

trackbacks

categories

archive

search

Google
newyork! newyork! WWW

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

visitors

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。