new york! new york!

ニューヨーク情報。日々感じることを、新鮮なうちに記録します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

he's gorgeous!

会社でNewsweekという雑誌(日本版もありますね)をとっていて毎週読んでいるのですが、今週号、表紙をめくるとそこには!

amex

渡辺謙!

実はコレ、アメリカン・エキスプレスの広告で、著名人が人生についてのアンケート?一問一答?に答えて、最後に"My life is ---, my card is American Express."としめる、"My life, My card"シリーズの1つ。これまでロバート・デ・ニーロやタイガー・ウッズがテレビCMに出ていたのですが、渡辺謙がその仲間入りです!彼は日本でもAmexのCMをやっているそうですね(この記事を書こうと思ってググって始めて知った・・・。)

確かに、ラスト サムライバットマン ビギンズ 、メモワール・オブ・ゲイシャ(邦題はSAYURIとなっていますね)とハリウッド映画に出演しているけど、会社の人 (日本人女性)と、「アメリカ人は知ってるんだろうか?」とそのページを眺めなが らしゃべっていると、「あなたもケンが好きなの?ちょーかっこいい(gorgeous)よ ね!」と、ローカル・スタッフ(彼女はアメリカ在住クロアチア人)が声を掛けてき ました。聞いてみると、やはりラスト・サムライの印象が強いようで「もちろん知ってるわよ!」と。

渡辺謙の男前っぷりは洋の東西を問わず普遍なのね、ということに加え、gorgeousってこうやって使うんだ!と、いろいろな発見があった出来事でした。

ラスト サムライ 特別版 〈2枚組〉

バットマン ビギンズ 特別版

スポンサーサイト

  1. 2006/01/31(火) 22:03:49|
  2. life in new york -diary-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お気に入りレストラン <The Modern>

「ニューヨークといえば」という質問に対するかなりメジャーな回答になっていると思われる、MoMA(Museum of Modern Art)。2004年秋に日本人建築家 谷口吉生氏の設計で生まれ変わって、もう建物からしてモダン!って感じになっているのですが、このMoMAのレストラン、その名もModernも、めちゃくちゃおしゃれでいい感じなのです。

これまで何回か行っているのに写真を撮り損ねているのですが、Cool!という表現がぴったりなレストラン。このModernには2つのスペースがあるのですが、きちんとフォーマルなDining Roomは、彫刻が飾ってあるMoMAのお庭に面しています。天井が高いんだけど、お庭との間は天井まで一面ガラス!ということで、ランチタイムには陽がさんさんと降り注ぎ、夜はムーディな照明、とどちらもおすすめ。もう一方のBar Roomでも食事もできるようですが、こちらはちょっとカジュアルで雰囲気はモダンそのもの、って感じです。

お料理はFrench-Americanですが、Modernに来る前はリッツにいたというシェフなだけに、おいしいです。盛り付けも1品1品凝ってて、お料理が運ばれてくる毎にワーオ!と思えてしまう。

ニューヨークに来ていろいろなレストランに行きましたが、わたし的にはトータルでかなりポイント高いです。ちょっといいお値段なので気軽にはいけないけど、お料理も雰囲気もじっくり味わって、いい気分になるために行きたいレストラン、という感じかなぁ。

The Modern
9 W 53rd St, New York,NY 10019
212-333-1220
※入口は美術館より少し東寄り

  1. 2006/01/29(日) 13:17:16|
  2. dining
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Miracle! はじめてのNFL観戦

アメリカの4大プロ・スポーツの中でも最も人気があるNFL。現在はレギュラー・シーズン、そしてプレイオフも終わり、Pittsburgh SteelersSeattle Seahawksの2チームがSuper Bowlで対戦することが決まったところですが、今年の元旦、レギュラー・シーズンの最終戦を観に行ってきました!

NFLは公式にはシーズン・チケットしか売ってないので、他のスポーツのように、Ticketmaster(インターネットのチケット代理店)などでは1試合ごとのチケットは買えません。シーズン・チケットを持ってる、お金持ち且つラッキーな人たちが放出したチケットをネット・オークションやダフ屋経由で買うことになります。値段は額面より遥かに高いですが、やはり人気らしく、こうした手段でも入手が難しいこともあるので、観戦したい場合は早めの手配が必須です。

ここニューヨークには、NY GiantsNY Jetsという2つのチームがあります。いずれもニューヨークを名乗っていますが、本拠地はお隣ニュージャージー州にあるGiants Stadium(JetsはGiants Stadiumを借りてるみたい)。どうやらGiantsの方が人気があるらしいですが、わたしは日程優先で選んだので、観に行った試合は、NY Jets VS Buffalo Bills。

実は、今年のJetsは激弱…。わたしが観に行くまで、3勝12敗という立派な(!)成績で、フットボール好きの会社の先輩に至っては、「来年のドラフトに備えてわざと負けてるのでは?」とまで発言。(ドラフトは、前のシーズンの下位チームから指名権を得られるらしい)ということで、この寒空の下、試合終了までスタジアムに居続けられるかね?と心配しながら出かけて行ったのでした。

Giants Stadiumへは、試合がある日はPort Authority Bus Terminalからバスが出ています。このバス・ターミナル、とにかく巨大なので、迷う前に聞く!というのがコツ。案内ブースみたいなのがあるので、そこで行きたいところを言うと、まず切符売り場を教えてくれます。で、切符売り場で切符を買うときにゲートNoを聞きましょう。まあ、こういうイベントがあるときには、それらしき人(チームウェアを着てる人)がいるので、その人たちについて行く、というのもテです

試合は両チームとも最初の得点がフィールド・ゴール、と、やはりイマイチな感じで始まったのですが、その後はミラクル・プレー続出で、ほっかいろを貼りまくりながらではありましたが、無事試合終了まで観戦できました!

パス・インターセプトやらQBサックやら、盛り上がるプレーはかなりたくさんあったのですが、なんといっても一番盛り上がったのが、第4Q残り6分を切ったタイミングで飛び出したキック・オフ・リターン・タッチダウン!!

touchdown

この直前、ビルズがフィールド・ゴールを決めて(だからキック・オフだったんだけど)23-26とリードされて敗戦ムードが漂ったんだけど、ミラー(22番)が95ヤード走りきって一気に逆転!こんなのなかなかないよ!と大興奮。当然試合も30-26と勝った訳で、想定外に大満足の年明けとなりました

でもまあ、寒かった来シーズンは、寒くなる前に観に行きたいなぁ。

  1. 2006/01/25(水) 23:02:58|
  2. life in new york -diary-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニューヨークっぽいチョコレート <Marie Belle>

もうすぐバレンタインですね。アメリカでも、クリスマスの飾りが片付いたと思ったらすぐにお店のディスプレイはバレンタイン風に様変わりしています。日本では女性から男性へチョコレートをあげるのが習慣ですが、アメリカでは、性別問わず、恋人へ贈り物をする日です。「チョコレートをあげるのは日本だけ」と聞いていたのですが、そんなこともないようで、ニューヨークでもハート型のチョコレートが並んでいます。

チョコレート、ということで、わたしのお気に入りのチョコレートを紹介します。SoHoにあるMarie Belleというお店のチョコレートですが、チョコレート1つ1つにおしゃれな絵が描いてあって、ニューヨークっぽい!のです。

marie belle

もちろん、おしゃれなだけじゃなくて、お味もGood!です。↑のチョコもすべて絵が違いますが、実は味が違うのです。20種類くらいあるかなぁ。お値段はちょっと張りますが、プレゼントしたら、よろこばれること間違いなし!です。

Marie Belle
484 Broome Street, New York, NY 10013
212-925-6999

  1. 2006/01/24(火) 23:32:52|
  2. dining
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いつの間にか値上げ・・・

アメリカでは、家賃やら電話代やらの料金支払いをチェック(小切手)で行うのが一般的なので、実は日本にいたときと比べて高い頻度で郵便を出します。しかも切手は顧客負担がこれまた一般的なので、切手に触れる機会も多いです。

これまで、アメリカ国内向けの普通郵便(といってもFirst Classと呼ばれてる)は37セントだったのですが、どうやら2006年1月8日付で39セントに値上がりしたらしい…。会社にある切手を貼る機械に「注意!」っていう貼紙を見つけて、初めて知った。

郵便局のホームページも探したけど、値上げそのもののリリースは見つからず、ただ、「新しい39セントの切手買えます!」というものが載っているだけ。ニュースも見てるつもりなのに、なんで気づかなかったんだろう…。

stamp ちなみにこちらが新しい39セント切手。愛国心満点のデザインですね。アメリカらしい。

いま気にしてるのは、1月8日以降に37セント切手を貼って投函してしまった郵便があるのではないか、ということ。どうなるだろう???

  1. 2006/01/21(土) 20:53:40|
  2. life in new york -diary-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暖かさの記録更新

日本は寒いようですが、ニューヨークはこの3日間くらいとても暖かいです。今日は60度(16℃くらい)を超えて、コートいらないし、というくらいでした。先週末の3連休は、ダウンコートのフードを被らずにはいられない寒さだったのに、すごい違い。

で、weather.comというお天気サイトがあるのですが、そこにAverages & Recordsというコーナーがあり、日付ごとの平均最高気温、平均最低気温、過去最高気温、過去最低気温等がまとめられていて、雑学好きのわたしにとってはなかなか気になるコーナー。今日はあまりにも暖かかったのでもしや、と思って見てみると、

record high
やはり!過去最高気温を更新していました。54度というのは1月の中でも一番低く、1月20日という日は日本でも大寒の頃であり、これまでは寒い日だったんだなぁ、と実感。

暖かいことはうれしいことだし、記録を更新した場面に遭遇できたというのもなんとなくうれしい(特にいいことはないけどね)なぁ、と思ったのでした。

  1. 2006/01/20(金) 23:12:29|
  2. life in new york -diary-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NBA観戦

アメリカ4大スポーツの1つ、NBA。わたしはバスケに関してはまったくの素人なのですが、チャンスに恵まれて(?)この2週間で2回、マジソン・スクエア・ガーデンで観戦しました。ちなみに4大スポーツといえば、NBAのほかはアメフトのNFL、野球のMLB、アイス・ホッケーのNHLですね。

ニューヨークを本拠地にしているNBAのチームはKnicks。昔は強かった、と聞きますが、今シーズンは低迷中。本日時点で、Eastern ConferenceのAtlantic Divisionで5チーム中4位、Eastern Conference全体では15チーム中10位。それでも人気は人気で、スタジアムにはKnicksのジャージを来たファンだらけです。現在もっとも人気があるのが、背番号3のマルベリー。この人のバスケは美しい、と素人ながら思います。そしてニューヨーク出身、というのが人気ポイント。あと個人的に気になっているのが背番号4のロビンソン。この人は5フィート9インチ(175センチくらい)、と他のプレーヤーに混じるとほんとに小さいのですが、その分、観てるとがんばれ!と応援したくなってしまう。そしてがんばっている。

・Knicks VS Phoenix Suns(1/2/2006
この試合が記念すべきNBA初観戦となった訳ですが、ものすごい試合でした。試合に行く前は、「Knicksって勝率2割5分でしょ…。しかも相手は強いSuns…」みたいな悲観的な気持ちだったのですが、やっぱり地元パワーってあるんでしょう、試合開始からKnicksが得点を重ねていきます。バスケというものに触れたのが高校生の時以来だったわたしは、フリー・スローとかトラベリングとか、超基本用語さえ「あれ、なんていうんだっけ?」という有様でしたが、試合の迫力に飲み込まれ大興奮。
この試合の何がすごいって、その接戦っぷり。なんと13年ぶりという3回のオーバー・タイム(延長戦)の末、Knicksが140-133で勝ちました!なにせ初めてのNBAだったので、オーバー・タイムの制度も分かってなくて、「どうなったら終わりなんだろう?」と疑問だったりもしましたが、この試合がKnicks怒濤の6連勝の始まりとなりました!

marbury

・Knicks VS Minesota Timberwolves(1/16/2006
最近渡米してきたお友達が大好き、というKevin GarnettがいるTimberwolvesの試合(ニューヨークでの唯一の試合!)がある、というのを発見して伝えたところ、「行く!」と即答だったのでご一緒させて頂くことに。この試合はかなり前の方の席で観たんだけど、前の方の席だと、試合前は気軽にコートサイドまで降りて行けます。他のプロスポーツと同様、ちびっこたちがジャージやボールにサインをもらってていいなぁ、と思ったり。(こっちはこどもにやさしい。)あとびっくりしたのは、担当のウェイターがいる、ということ。自分で売店に行かなくても運んできてくれる。(ということに気づいた時にはすでにホットドッグを買ってきた後だったけど)
試合は、途中20点くらいリードされてあぁ、とか思っていたら、Knicksが突如活気付いて、一時は2点差まで追い上げるものの、残り7秒で3ポイントを入れられて、終了…。90-96。スタジアム全体にがっかりムードが漂う中、隣の友人と、わたしの右後方に座ってたお兄さんだけが喜びいっぱいでした。
この試合、マルベリーが負傷で途中退場したんだけど、どうやらまだ痛いらしく、今日の試合も出ていなかったよう…。

jump ball

NBAのレギュラーシーズンは4月まで続き、その後プレイオフ、NBAファイナルを経てチャンピオンが決まるのは6月です。

  1. 2006/01/19(木) 23:11:40|
  2. life in new york -diary-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

フォアグラ・バーガー! <db Bistro Moderne>

この年末年始、楽しみにしていたことはいっぱいあるけど、その中でもかなり上位にランクインしていたのが、db Bistro Moderneの名物料理、"THE ORIGINAL db BURGER"。サーロインのパテに、フォアグラ、ショート・リブの蒸し煮、ブラック・トリュフが入っている、というなんともグルメなバーガー。フォアグラのハンバーガーって!と、その存在を知った時から興味津々だったのですが、ついにご対面。

バーガーの紹介の前に、お店の紹介から。このdb Bistro Moderneは、ニューヨークNo.1のフレンチ・レストランDanielのDaniel Bouludがやってるビストロ。Danielは、Traditional Frenchで、ほんと高級、って感じらしいんだけど(行ったことないし、この後も行けなそうな気がする・・・)、こちらはその名の通り、モダンでカジュアルなビストロ。お料理もAmerican Frenchと自ら言っていて、本家とは別コンセプトでやってます。"Moderne"のキーワードの通り、お店のインテリアもわたし好みでいい感じでした。わたしが思ってる「ニューヨークっぽさ」が感じられるお店です。

DB Burger こちらが、そのバーガー!すごい迫力です。フォアグラも、遠慮がちに、ってことは決してなく、ドドーンと入っています。最初ナイフを使って食べようとしたけど、崩れてしまって悲しかったので、後半は口をがんばって開けてかぶりつき。やっぱりハンバーガーはこうでなくちゃ!と思いました。豪快にいかなくちゃね。で、肝心のお味ですが、うまい!お肉もサーロインだけあって、アメリカのビーフにありがちなパサパサ感はもちろんなく、フォアグラもぷりっときいてて、うーん、うまい!

ちなみにこのバーガー、なんと$29!まあこの食材ならしょうがないですね。ちなみに"THE db BURGER ROYALE"という、ブラック・トリュフたっぷりのスペシャル・バージョンもあるみたいですが、そちらは$69。すごーい。

DB Bistro Moderne
55 West 44th Street(bet 5th and 6th Aves)
New York, NY 10036
Tel 212-3912400

  1. 2006/01/15(日) 21:25:32|
  2. dining
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今年もよろしくお願いします!

気がつけばもう1月15日、新年明けてもう2週間ですねたいへんたいへん遅くなりましたが、ニューヨークより新年のご挨拶、今年もどうぞよろしくお願いいたします。(かろうじてニューヨーク時間の松の内、ってことでご勘弁を)

今年はニューヨークでの初めての年末年始、ということで「すごい混むよ」「ほんもののニューヨーカーは行かないから!」と周りの人に言われながらも、タイムズスクウェアのカウントダウンで新年を迎えました。寒かったけど盛り上がってた、いや、盛り上がってたけど寒かった、というのが正しいでしょうか。うーん、難しい。

年末の1週間、日に日にニューヨークの人口が増していくのを感じ、「この人たちみんなカウントダウン狙いだよね、ってことはわたしのライバル?」「でも今年はあったかそうだしちょっとくらい待ってもいいかね」などなど、いろいろと当日のことをシミュレーションしながら過ごしてたのですが、大晦日当日は午前中から小雪がちらつくさむーいお天気。夕方には雨が降ったり、気分が萎えそうな時間帯もあったのですが、おいしいディナーを食べて(これは後日)、Mamma Mia!を観て、10時前にブロードウェイと50th St.あたりでスタンバイ開始。雨はあがってたもののマイナス2度と冷え込んでいたけど、やはりこのカウントダウンを目指して全米各地、世界各地?からやってきた人たちの意気込みはすごくて、大混雑。わたしもダウンのコートのフードを被って、足の裏にホッカイロを貼って待ちました。

new year1 ニューヨークは屋外での飲酒が禁止されているので、酔っ払いこそいないものの、みんなテンション高い。ちょうど待ってたところにでっかいスクリーンが設けられてたんだけど、そこに映る映像(マライア・キャリーのライブとか)にあわせて歌ったり、10時、11時のタイミングで"Happy New Hour!"とやったり。

new year2 寒い中、なかなか進まない時計にやきもきしながらも、ついにNew Year1分前。名物のクリスタルボールが降下を始め、そして30秒前。タイムズスクウェアのスクリーンに残りの秒数が表示され、みんなで声をそろえてカウントダウン!Five, Four, Three, Two, One, Happy New Year!花火がピューピュー上がってお祝いです!

わたしがいた、50丁目あたりでもまあ観られますが、もっと「その場にいる感」を味わいたい場合は、やはりほんとのタイムズスクウェアの中(43th St.~47th Stの7th Ave.~Broadwayの間)のいい場所を確保することをオススメしますが、それこそ大晦日の午後をマルマルつぶす勢いが求められます。(そういう気合が入った人たちが世界中から来ているよう・・・)

  1. 2006/01/15(日) 20:57:18|
  2. life in new york -diary-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

weather in new york

Click for New York, New York Forecast

profile

newyorker

Author:newyorker
2005年3月末から「楽しいこと重視」なニューヨーク生活を送っています。
ニューヨークの楽しいこと(ときどきムカつくこと)、おいしいもの、それからニューヨークからの旅(おもに南の楽園)について書いています。

recent entries

comments

trackbacks

categories

archive

search

Google
newyork! newyork! WWW

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

visitors

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。