new york! new york!

ニューヨーク情報。日々感じることを、新鮮なうちに記録します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Grand Canyonで17億年の時の流れを感じる <Las Vegasの旅 その3>

せっかくLas Vegasまで行ったので、日帰りツアーでGrand Canyonに行ってきました。Las Vegasはネバダ州、Grand Canyonはアリゾナ州、と違う州ではありますが、ニューヨークから見たらセット!いわんや日本をや。というわけでラスベガスまで行く人にはおすすめのオプションです。

Grand Canyon、言葉にしてしまうとシンプルだけど、やっぱり「大きい!」という感じでした。なんというか、物理的な大きさもすごいし、この大きなモノ(大地?峡谷?)を作り上げた時間の存在も大きい。「谷の一番底は17億年前の地層です」とか言われちゃうとクラっと来ます。ちなみに、谷の侵食は今も進んでるけど、1000年で30cmくらいだって。人の一生は短いのね、と思ったり。

grand canyon 1

さて。今回わたしが使ったのは、Scenic Airlinesというところがやってるツアー。グランドキャニオンへのツアーを催行している会社はたくさんあるけど、ここは「日本の皇室も使った」という、安全面でのお墨付き、ということで選びました。不思議なのは、日本にも子会社(シーニック・エアラインズ・ジャパン)があって、そこ経由ですべての手続きを日本語で行うことができる上に、なぜかアメリカ本社で頼むよりも安い(笑)。日本人にはありがたい。

そのScenic Airlinesもいろいろツアーをやってるんだけど(モニュメントバレーとかヨセミテとか)、わたしは一番人気という「グランドキャニオン・デラックス」($244+TAX$25)に参加。で、どんなツアーかというと、
 ・ホテルピックアップ
 ・North Las Vegas空港から、遊覧飛行機で1時間半くらいかけて、フーバーダム、グランドキャニオンなどを見ながらGrand Canyon空港へ
 ・バスに乗って、ビューポイントを2つ観光
 ・ごはん
 ・Grand Canyon空港からNorth Las Vegas空港へ(帰りはさくっと1時間くらいで)
 ・ホテルでドロップオフ
とな感じ。時間帯も選べるけど、わたしは朝イチのツアーで、ホテルピックアップが朝3:40(!)、行きのフライト5:30、帰りのフライト11:30、ホテル着1:30、くらいのスケジュール。

わたしのラスベガス滞在日程的にはこのツアーがちょうどよかったけど、時間がある人は、Grand Canyonで自由時間が長いものを選ぶと、ちょっとしたハイクとかも楽しめるのでは?と思います。逆に時間がない人は、遊覧飛行のみのもあるようです。

grand canyon 2 飛行機の窓からの朝日。空から見ると、太陽が大きく感じる。

grand canyon 3 フーバーダム。このダムがせき止めてるミード湖は写真に写りきらないことからも想像できる通り大きくて、なんと琵琶湖の約2倍!

grand canyon 4

Mather Point展望台からの眺め。広大です。ここからの朝日はすごいらしい。

grand canyon 5

Grand Canyonにもリスがいました!ニューヨークでよく見るのとはちょっと種類が違うみたいで、尻尾が小さめ。でも人に慣れてるあたりは似てたな。

grand canyon 6

Bright Angel Lodgeからの眺め。下まで続いてる道がBright Angel Trailで、ここをラバ(ロバと馬のハーフ、ね)に乗って降りていくツアーも人気だとか。そのラバツアー、これまで大きな事故が起こったことはないらしく「世界一安全な乗り物」と言われてるんだって。でもちょっと恐そうだなー。

grand canyon 7 これに乗っていきました。15人乗りくらいの大きさ。高翼機(飛行機の翼が、胴体の上側についているタイプ)なので景色がよく見えるのです。そうそう、機体が小さい分、かなり揺れるのがフツウのようですので、酔い易い人は要注意かも。(わたしが乗ったときはちょー穏やかだったけど、そういうことは珍しいみたい)

スポンサーサイト

  1. 2006/05/30(火) 23:15:08|
  2. - las vegas
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Bellagioの噴水ショー <Las Vegasの旅 その2>

前のログで「ニューヨークに帰ってきた」と書いたところですが、その後、家に2泊だけして、またまた旅行してたので間が空きました・・・。今日までメモリアルデーの3連休だったのでフロリダに行ってました。また色が黒くなって帰ってきましたが、その話は追って。まずはLas Vegas編を完結させます!でも今日はおつかれ気味なので、軽めなネタを。

ラスベガスといえばCirque du Soleilなど有料のショーはもちろんのこと、各ホテルが人集め(ホテルはいかに人を集めてカジノで負けてもらうか(笑)が勝負?)のために無料でやってるショーもかなりレベルが高いです。サーカス(Circus Circus)、火山の噴火ショー(Mirage)などが有名ですが、わたしは"O"の前後に、ホテルBellagioの噴水ショーを楽しみました。

Bellagioのホテルの前は大きな池になっているのですが、決まった時間が来ると音楽(わたしが見たときはタイタニックのテーマだった)に合わせて噴水が踊るショーが始まります!明るい時間帯もやってるのですが、やっぱり暗くなってからがキレイ!幻想的です。

bellagio 1

bellagio 2

で、この噴水ショー、ストリップ(ラスベガスの目抜き通り)側からBellagioを背景に見るのがイチバン一般的だけど、わたしが見つけたオススメの見方をご紹介!(狙ったわけではなく、たまたまこうなったんだけど、気に入ったので!)

1つ目は、食事をしながらの鑑賞。Bellagioからストリップ(ラスベガスの目抜き通り、ね)をはさんで向かい側にParisというホテルがあるんだけど、そこの1階にあるレストランMon ami GABIにパティオ席があるのです!パティオ席からは、道は隔てるけど、Bellagioの池はよく見えてオススメ!わたしは"O"開演前の6時過ぎに行って、15分くらい待ちでパティオ席に座れました。(パティオ席は予約はできないと言われました・・・)

もう1つは、そのParisを背景に観ること!Parisというホテルはその名の通り、パリをテーマにしていて、エッフェル塔やら凱旋門やらがあるんだけど、そのライトアップもなかなかキレイなのです。こんな↓感じですが、絵になるでしょ?

bellagio 3

  1. 2006/05/29(月) 23:50:42|
  2. - las vegas
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Cirque du Soleilを満喫 <Las Vegasの旅 その1>

レポートします、といいつつ、ニューヨークに帰ってきちゃいました。やはり出張中にブログはちょっと大変。

前のログにも書いたけど、Cirque du Soleil、見てきました~。出発前は"O"だけの予定だったんだけど、せっかくなので"KA"も見てきました。日本のガイドブックとか、日本の旅行代理店とかによると、"O"も"KA"もチケット入手は超困難!と言ってるけど、そうでもないのでは?という印象。もちろん早く手配した方がいい席が取れるけど、ギリギリになってしまってもあきらめずに挑戦してみる価値アリ。

チケットと言えば、「手数料30ドル」とかで手配してくれる業者もあるみたいだけど、もったいない!ネットで簡単にできるので、自分でやるのがおすすめ。Cirque du Soleilのトップページの左上にある"Tickets for a show in"のプルダウンから都市名を選んで、次のページで日付を選ぶと、その都市でその日にやってるショーの一覧が出てくるのでそこから選ぶとチケット購入ページへ遷移します。クレジットカードで決済して、後はLas Vegasに着いてBox Officeで受け取るだけ!(この時、決済したカードが必要です)

O O

もうこれはすごかったよー!世界で初めてというプールステージ(舞台全体がプールで、でもプールの底が上下するので、たまに普通の舞台になる)を使ったショーで、それだけで見たことない!オドロキ!って感じなんだけど、出演者のアクロバティックな動きはほんと華麗!拍手とか歓声を超えて、ため息が出る感じ。一言で言うとサーカス+シンクロ+高飛込なんだけど、それぞれのレベルがものすごく高いです。

劇場は、Bellagio(ホテルね)の中。ブロードウェイのちっちゃな劇場に慣れた身としては、劇場に入っただけでそのスケールにびっくりでした。広いし、傾斜が結構きついのでより大きく感じます。2階席とかはちょっと遠く感じるかも。(わたしは前から3列目でした!)

あと、開演時間の少し前からちょっとしたパフォーマンスが始まるので、15分前くらいには行っておいた方が満喫できると思います。

KA KA

KAは、Oとは対照的で、ミュージカル風です。といっても、台詞はないし、曲が流れてるだけで歌はないのですが(という訳で"風")。Cirque du Soleilは言葉の壁を乗り越える、というのがテーマだということで納得。

これも舞台がすごいんだよ。舞台が斜めになったり垂直(!)になったり、動くのです。垂直の舞台って?って感じだと思うけど、そうなのよ、ほんと。斬新。

あとびっくりしたのが、会場に入るときからショーが始まってるってこと!チケットのモギリの人も舞台メイクしてて、台詞調にしゃべって、席に案内してくれたりします。イタズラ好きな感じなので、チケット取られちゃわないように気をつけましょ~!

劇場だけど、こちらはあんまり高低差のない作り。わたしはなんと前から2列目だったんだけど、確かにすごい迫力だったけど、舞台の位置が目線よりも若干上にあったのでちょっと疲れたかも。たぶん、前から5列目以降くらいがちょうどよいのではないかと思う。

個人的には、O>>KAという評価です。Oは華麗でほんと引き込まれる感じだったのに対して、KAはちょっと子ども向け?という印象。

  1. 2006/05/25(木) 23:50:27|
  2. - las vegas
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

Las Vegasに出張中 <Las Vegasの旅>

昨日の夜からLas Vegasに来ています。月曜日から始まるとあるカンファレンスに出席するためですが、1日早めに移動してきました。

ニューヨークから5時間のフライトを終えて(遠いです・・・)Las Vegasに到着すると、さすがカジノの街、空港にもスロットマシーンが!出発間際まで一攫千金を狙う人たちが挑戦中。

slot

Las Vegasは空港と中心街が近い。タクシーで15分も掛からないくらいですが、という訳で空港からもこの風景。ネオンはタイムズスクウェアで見慣れてる、と思ったけど、赤とか紫とか、かーなーり異様に光っています。まあある意味とってもラスベガスっぽいので、夜に到着するのはオススメかもしれない。

las vegas

自由になる時間が1日しかない(仕事だから当たり前ですね)、ということで、今日は朝3時に起きてGrand Canyonへ、昼過ぎに帰ってきて一休みした後はストリップ(メインストリートね)をプラプラし、夜はCirque du Soleilの"O"を観る、とかなり盛りだくさんに過ごしてるので、追々レポートしまーす。

Cirque du Soleilを満喫 <Las Vegasの旅 その1>
Bellagioの噴水ショー <Las Vegasの旅 その2>
Grand Canyonで17億年の時の流れを感じる <Las Vegasの旅 その3>
ニューヨーク?パリ?いや、ラスベガス! <Las Vegasの旅 その4>

  1. 2006/05/21(日) 23:55:30|
  2. - las vegas
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Bahamas基本情報 <Bahamasの旅 その3>

旅行記の最後に、バハマの基本情報を。

行き方

ニューヨークからは直行便が結構たくさん飛んでて(コンチネンタル、デルタ、US Airways、JetBlueから1日5便(2006年5月現在))、約3時間で到着、ということでかなり便利。

といっても、これだけではあんまりみなさんの役には立たないと思うので、役に立つ情報を。日本からだと同日着がなかなか難しいみたいですが、↑のNYCからの直行便をうまく使うと可能です!4社のうち、JetBlueが唯一午後便を飛ばしてるので、10:30頃にJFKに着くANAを使えば、同日、しかも午後3時台という明るい時間帯にナッソー着が実現します。

今回わたしもこのルートで行ったのですが、久々に乗ったJetBlueはちょーよかった!!乗り比べて感じたけど、シートが広いです。あと、やっぱり革張りのシートは気持ちよいし。と言う意味でもおすすめデス。

ホテル

Atlantisに関しては、こちらにたーくさん書きましたのでどうぞ。なんでも一箇所で楽しめる巨大リゾート。

が、次回行くことがあるならばどこに泊まる?と聞かれれば(聞かれないけど)、One and Only Ocean Club!が答え。アトランティスのすぐ横にあるんだけど、門を入るにもセキュリティチェックがいるらしく、「特別感」漂う。元は大富豪の別荘だったとかで、うーん、泊まってみたい。今回なぜ泊まらなかったかというと、最低3連泊からしか予約が入れられないのです・・・。ハードル高いです。

帰りのアメリカ入国手続き

今回の旅で一番予想外だったのは、帰りのアメリカ入国手続き。なんと、バハマでやっちゃいます!普通は、飛行機の中で入国カードをもらって、到着した空港で入管・税関の手続きをやるけど、バハマでは飛行機にチェックインする時に入国カードをもらい、すぐに記入して、飛行機に乗る前に入国審査(指紋とか写真とかももちろん)・税関手続きを行います。

という訳で、ニューヨークに着いたら、国内線で到着するのと同じように、荷物をピックアップしたらさようなら~、って感じでラクチンでした。

しかしこの制度、バハマで働く米国の公務員がいるってことだよね?うらやましい仕事だー!!

  1. 2006/05/20(土) 23:01:19|
  2. - bahamas
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Diving in Bahamas <Bahamasの旅 その2>

今回の旅は2泊3日と短めの日程だったのですが、せっかくなのでダイビングもしました~。2日目の午前中に2ダイブの予定だったのですが、海へ出てみると、寒い!!水温24℃と、リゾートダイバーには厳しい環境。という訳で1本しか潜ってないけど、レポート~。


旅行記の初めにも書いたけど、バハマは厳密にはカリブじゃなくて大西洋。という訳 で、新鮮な出会い(?)を期待したけど、そうでもなかった。寒くて記憶があいまい ですが、コスメル・ベリーズでも見た、クイーン・エンジェル・フィッシュとか、グ ルーパーとかがいました。

新鮮といえば、バハマの固有種らしいウミウシ(?)。ちょっと気持ち悪い。でも気 持ち悪くて目立ってたので、普段はマクロな生き物にはなかなか気づかないわたしで すが、見つけられました。


バハマといえばレック(沈船)!がおなじみなようですが、わたしが潜った日は風が きつくて、沖にある有名な沈船ポイントには行けませんでした。でも、やっぱりレック!とショップの人も思ってるようで、水深20ft(6m)くらいの沈船ポイントで潜りました。

そこに沈んでた船はもう壊れかけ、って感じでしたが、魚の住処になってて、魚で大混雑。

ショップ
利用したのは、Atlantisからほど近いBahama Divers。送迎サービスもついてて、午 前中コースだと、8:30にピックアップ、12:30頃ドロップ・オフ、って感じです。日 本語スタッフはいないけど、バスのドライバーも、ボートのスタッフもフレンドリーでよい感じでした。

今回は器材レンタルしたんだけど、レンタル代は日本に比べて格安。ウエット・レ ギュ・BC・3点セットで"$48"と言われ、「フツウだな」と思ったら、2人分でした (笑)。器材自体もそこそこキレイだった。ただねー、ウエットがスプリング(半袖 半パン)なのですよ・・・。まじで寒かった。今度から少なくともウエットだけは、 自分のを持っていこうと思った。

Bahama Divers
P.O. Box SS-5004, Nassau, Bahamas 242-393-6054(バハマから) 800-398-DIVE(アメリカから。これがアメリカ式語呂合わせ)

全般
と言うわけで、「寒かった」というのが感想ですが、海に罪はない!ちゃんと時期を 選んで、適切な設備で行けば楽しめるでしょう。007の飛行機とかは見てみたいな。

バハマの思い出

inside the ship 沈船の中。魚で混雑しています。水深が浅く風が強かったので、かなり白っぽくなってしまった・・・。

umiushi バハマの固有種(らしい)ウミウシ。毒っぽい見た目。

karei カレイがいました。

oyabiccha オヤビッチャのどアップ。個人的にはあんまり賛成しないけど、餌付けされてました~。という訳で群がってきてちょっと恐かった。

  1. 2006/05/19(金) 21:31:10|
  2. - bahamas
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これがホテル?巨大リゾートAtlantis <Bahamasの旅 その1>

バハマで最も印象深かったのが、Atlantis!古代都市アトランティスをモチーフにした、とにかく巨大なリゾートホテルで、宿泊棟が3つ、プールが11個、レストランやカフェが38箇所に水族館にブランド・ショップにカジノ、ともう何でもアリ、といった感じ。広くて迷子になります。

"バハマ"でググると必ずAtlantisの情報が、というくらい日本人にとってもおなじみなホテルだし、GWとカブってるし、ということで日本人だらけかな~、と思いながら行ったけど、やっぱり遠いからでしょう、意外にいませんでした。そのかわり、アメリカ人ファミリーで大賑わいでした。

ということで、巨大リゾートAtlantisのご紹介。

泊まる

↑にも書いたけど、宿泊等は、ロイヤル、コーラル、ビーチの3つのタワー(値段が高い順)。ガイドブックとか旅行パンフとかに載ってる写真はロイヤルタワーで、1泊のお値段は、オフシーズンでも$490~、マイケル・ジャクソンもお気に入り、というスイートは$2,000超、とかなりお高いですが、ロイヤルタワーだけが"ワン・ランク上"な感じの扱いになってるので(フロントが他のタワーと別、とか)到着から出発までいい気分が味わいたい人にはロイヤル・タワーがおすすめかと。

わたしは、ビーチ・タワーに予約を入れてましたが、禁煙の部屋がいっぱい、ってことでコーラル・タワーにアップグレードしてくれました。海も見えたし、部屋の広さや清潔さも満足。それに、ひとたびチェックインしてしまえば、ロイヤル・タワーにあるレストランとかにも行けちゃうので、ビーチ・タワーに予約を入れたのはいい選択だったと思います。

食べる

Atlantisはナッソーのダウンタウンからはちょっと離れてる(ていうか違う島)なので、必然的に食事もAtlantis内で、ということになる。38個のレストランは、メニュー・雰囲気・お値段のいずれの面でもバラエティに富んでて、気分に合わせて選べるかと。チェックイン時にもらえるレストラン・リストを見て悩みましょう~。ドレスコードや予算も書いてあります。

レストランのバラエティについてちょっと驚いたのは、ニューヨークでも大人気のNOBUもAtlantis内にあるってこと!まあバハマまで行ってNOBUはないな、と思って行ってないけど、有名な「おまかせ」が"Omasake"となってたのはご愛嬌(笑)

前評判的には「食事には期待するな」(競争が発生しないから…)だったのですが、意外においしいものもありました。"Cafe at the great hall of waters"というレストランは、巨大水槽の目の前で、悠々と泳ぐマンタやギンガメアジの群れを見ながら食事ができて、なかなかいい感じでした。

遊ぶ

11個のプールとビーチ、と水と戯れるにはバツグンの環境。デッキチェアーの数も豊富なので、まあ焦ることはないんだけど、タオルを貸してくれる小屋が開く9時ちょい前を狙ってプールに繰り出すと、特等席が確保できるでしょう。

遊びの目玉は、ウォータースライダー!!マヤ神殿を模した建物から、60度の角度で滑り降りる(というか落ちる)ヤツにはさすがに挑戦できなかった(恐すぎ)けど、浮き輪に乗るタイプのは楽しみました。その60度のも浮き輪のも、着水した後は、サメなどがいる水槽の中のトンネルを通るようになってて、ユニーク。

ちなみにわたしが行った2006年4月末は、最高気温27度くらい、と、ずっと水に入っているにはちょっと寒かったけど、日差しはすごかった!日焼け止めを塗ってプールサイドで本を読んでたら、すぐにイイ色になりました。

あと水族館!ホテルの中とは思えない本格的な水族館"The Dig"があります。マンタやサメ、各種回遊魚がいる大水槽の他に、エンジェルフィッシュやタツノオトシゴなどがいる小さな水槽がいくつか。圧巻だったのが、「ロブスターの部屋」!側面と天井が水槽になってるんだけど、ぎーっしりロブスターで埋め尽くされてた!

買う

バハマはフリー・ポート(関税が掛からない)、ということでAtlantis内にもGucci、Feragamo、Cartierなどのお店があります。バッグ・服・靴が中心。

化粧品・香水などは、ダウンタウンに行った方がよさそう。ちなみにダウンタウンは日曜はほとんどのお店がお休みなので、要注意!

勝負する!

Atlantisにはでーっかいカジノもあります。海とかそっちのけで、カジノしにくるお客さんもいるようで、昼間っからテーブルについてる人もそれなりにいました。昼からそんな感じなので、夜は結構混んでたー。

ブラックジャックはMinimum Betは$15、と、世の中の相場より高い?(ラスベガスでも$5って聞いてるけど…)。ということで、$15のテーブルは混雑してて、なかなか座れませんでしたが、粘って座ってちょこっと負けた(笑)。Minimum Bet $500のテーブルは、さすがに殺気立っていたなー。

  1. 2006/05/14(日) 23:56:45|
  2. - bahamas
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

さらばカップヌードル <Times Square近況>

nissin 大晦日のカウントダウンでもおなじみの、Times Squareのでーっかい日清カップヌードルがいつのまにかなくなっていました!写真の"TDK"の下にあるグレーっぽい部分がカップヌードルが君臨してた場所。湯気をあげる看板(?)はなかなか印象深かったので、なんだかちょっとさびしい感じ。

で、最近のTimes Squareといえば、もう1個大きな(?)変化が。ブロードウェイのチケットの安売りスタンドTktsも建て替えのため、移転中です。もともとTktsがあった場所はモロわたしの通勤路なのですが、最近なんだか人が少ないな~(いつもわたしが出勤する時間から人が並び始めてたので)と思っていたら、移転中とは・・・。ちなみに移転先は、Mariott Marquisホテル(46th St. bet B'way and 8th Ave.)ですぐ近所。近くを通ってみましたが、もともとのTktsよりも窓口の数も多そうだし、並ぶ所に屋根もあるので(もともとは屋根ナシ)、実はいい感じかも。列に並ぶのが苦手なワタクシですが、これなら挑戦できるかも?

そうそう、↑の写真、随分明るいですが、会社からの帰り道(8時過ぎ)に撮ったものです。と言っても別に早帰りができたワケでもなく、最近フツウに8時過ぎまで明るいのです。もう夏ですね~。

  1. 2006/05/08(月) 21:24:09|
  2. life in new york -diary-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏を先取り <Bahamasの旅>

GWとは無関係なニューヨークですが、今週月曜日はお休みをもらって個人的に3連休 にして、バハマに行ってきました~。日本だとカリブ=バハマっていう図式が成り 立っているのではないかと思うけど、実は厳密にはバハマはカリブではなく大西洋に 浮かぶ島国。まあ南の島には違いない!

バハマと一口に言っても、700を超える島があるんだけど、わたしが行ったのはアクセ スがよい、その名も"Paradise" Island。首都ナッソーがあるNew Providence Islandのすぐ北にある島で、国際線を降りたらタクシーだけでたどり着けます。という訳でお手軽お手軽。

南の島といえば、基本は「のんびり+ダイビング」というポリシーなのですが、今回は巨大リゾートホテルAtlantisに宿泊!ということで、いつもより若干はしゃぎ気味に、ウォータースライダー、水族館、カジノなどを楽しんできました~。

これがホテル?巨大リゾートAtlantis <Bahamasの旅 その1>
Diving in Bahamas <Bahamasの旅 その2>
Bahamas基本情報 <Bahamasの旅 その3>

  1. 2006/05/05(金) 21:23:07|
  2. - bahamas
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

weather in new york

Click for New York, New York Forecast

profile

newyorker

Author:newyorker
2005年3月末から「楽しいこと重視」なニューヨーク生活を送っています。
ニューヨークの楽しいこと(ときどきムカつくこと)、おいしいもの、それからニューヨークからの旅(おもに南の楽園)について書いています。

recent entries

comments

trackbacks

categories

archive

search

Google
newyork! newyork! WWW

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

visitors

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。