new york! new york!

ニューヨーク情報。日々感じることを、新鮮なうちに記録します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Belizeって?San Pedroって?<Belizeの旅 その1>

クリスマス~、と思ってうかうかしたら、明日はもう大晦日。ベリーズから帰ってきて1ヶ月以上経ってしまいました・・・。旅行記楽しみ、というコメントももらってたのに、ごめんなさい。

さて、気を取り直して。さむーいニューヨークから逃げ出した先は、中米の小国、ベリーズ。小さいし、日本からは遠いし、「ベリーズってどこ?」という人が多いのでは?ということで、ベリーズの紹介から。

belize map ベリーズって?

→の地図の緑色の部分が、ベリーズ。中米大陸のメキシコの南、グアテマラの東、ホンジュラスの北に位置する、面積約23,000平方キロ(四国より少し大きいくらい!)、人口28.3万人(今確認したところによると、2005年11月の目黒区の人口が25.7万人、新宿区の人口が30.4万人でその間、ってことになるね。1つの区の人口と同じくらい!!)の、ほんとに小さな国。
ベリーズは1981年にイギリスから独立したとても新しい国で、イギリスからの独立、ということもあって中米で唯一、公用語が英語(他の中米の国はスペイン語)。加えて、ベリーズ・ドルという自国の通貨は2ベリーズドル=1USドルの固定レート且つUSドルもそのまま通用する、ということでアメリカからは訪れやすい国だと思う。
あ、でも、日本人はビザがいるのです。アメリカ人はいらないのに。これがちょっとめんどうでした。ニューヨークにベリーズ領事館とかないので、DCにある大使館に郵送で手続き、ってことでドキドキでした。


san pedro サン・ペドロって?

サン・ペドロはベリーズ最大の島、アンバーグリス・キー(Ambergris Caye)にある町。ベリーズ・バリア・リーフへのダイビングの拠点となっていて、素朴ながらちゃんとリゾートとして開発されてるんだけど、その名前は実は世界中に知られているかも。
マドンナの"La Isla Bonita"という曲、ご存知でしょうか?ずいぶん前だけど、日本でもなんかのドラマの主題歌にもなってたはずで、たぶん聞けばみんな分かるのでは、と思うんだけど、実はサン・ペドロ、その歌の舞台なのです。曲の冒頭から、♪Last night I dreamt of San Pedro~って感じで出てくるのです。スペイン語で"美しい島"という意味ですね。実は今回行き先をベリーズと決めた後、滞在する町をサン・ペドロかキーカーカーと迷ったんだけど、"La Isla Bonita"をみてみたい、という理由でサン・ペドロに決定したのでした。
サン・ペドロはゆったりリゾートという評判だけあって(対してキーカーカーはバックパッカーに人気)、ほんとは物価が安いはずのベリーズにありながら、ちょっといいホテルはUS$100以上、って感じでそれなりにします。でもまあ、カンクン辺りと比べると、安いけどね。わたしが泊まったところが1泊$110でしたが、スタッフよし、部屋もきれいだったので、満足満足。

sunrise サン・ペドロ=La Isla Bonita=海、というイメージかと思いますが、海は海だけど、ビーチ、という感じじゃなかったです。ちょっとしたビーチはもちろんあるけど、基本的にはボートにちょっと乗ってリーフへ行って、シュノーケリングやダイビングや散策を楽しむ、というのがここのスタイルみたい。でも、海は広い!!ってのはこんな感じで実感できます。

golf cart サン・ペドロの町で印象的なのがこのゴルフカート。ゴルフカートが公道を走っているのですが、なんとレンタカーなのです。ゴルフカートならわたしも運転できるじゃん、と思ったけど、公道を走っている以上、フツウの自動車と同じ道路法規が適用され、当然ベリーズで有効な免許(国際免許とかね)が必要、ということでわたしはムリ(日本の免許しか持ってないので)・・・。

行き方

で、このサン・ペドロへの行き方はといえば、ご想像のとおり、なかなか大変です。まずは国際空港のあるベリーズ・シティへ。ベリーズ・シティへはAmerican Airlines、Continental Airlines、Delta Airlines、USAirways、TACA(中米を拠点とした航空会社)が乗り入れているので、これらの航空会社のハブ空港であるダラスやシカゴ、マイアミなどを経由して来ることになります。ちなみにニューヨークからも直行便はないので、乗り継ぎの回数を考えれば日本からも同じ手間(違うけど・・・)で行ける、ということ。

で、「まずは」と書いているとおり、まだ着かないんだよね~。ベリーズ・シティで、本土と島々を結ぶ国内線に乗り換えます。現在はTropic AirとMaya Airという2つの航空会社が就航してるけど、どちらも値段はほぼ一緒(サン・ペドロまで片道100ドルくらい)で、それぞれサン・ペドロへは毎時1本飛んでいる、といった感じ。この飛行機、プロペラ機なのよ~。前にフィジーに行った時に乗った飛行機よりは若干大きくて12-3人乗りだったけど、サン・ペドロへ向かう際に乗り込もうとしたら「ちょっと待て」と言われ、最後まで乗せてもらえなくて何かと思えば、「君は体が小さいから一番後ろの3人がけの席へ」って。こんな風に言われちゃうくらいの小さな飛行機。帰りは帰りで貴重な体験をしたんだけど、それは後ほど~。

ということで、ニューヨークからも飛行機を2回乗り継いで、全部で7時間くらい掛かってようやく到着です。

中米―グアテマラ・コスタリカ・ベリーズ・エルサルバドル・ホンジュラス・ニカラグア・パナマ〈2001‐2002版〉
「地球の歩き方」編集部
ダイヤモンドビッグ社 (2001/01)
売り上げランキング: 143,198
おすすめ度の平均: 4
4 パナマに行きました☆
スポンサーサイト

  1. 2005/12/30(金) 20:33:09|
  2. - belize
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1
<<今年もよろしくお願いします! | ホーム | Merry Christmas!>>

コメント

お、旅行記ですね!
(プレッシャーかけてるつもりは無いです、すいません。)
プロペラ機かぁ。
あんまり乗る機会が無いですよね?
僕はあまりよい思い出がありません・・・
  1. 2005/12/31(土) 11:50:49 |
  2. URL |
  3. ひろ #79D/WHSg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://newyorknewyork.blog56.fc2.com/tb.php/117-560e01df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ベリーズベリーズは、中央アメリカのユカタン半島の付け根の部分にあり、カリブ海に面する小さな独立国である。北はメキシコと、西はグアテマラと国境を接し、南東にはホンジュラス湾を挟んでホンジュラスがある。美しい海と珊瑚礁に恵まれ、「カリブ海の宝石」と呼ばれてい
  1. 2007/07/29(日) 10:28:11 |
  2. 『世界の国々』

weather in new york

Click for New York, New York Forecast

profile

newyorker

Author:newyorker
2005年3月末から「楽しいこと重視」なニューヨーク生活を送っています。
ニューヨークの楽しいこと(ときどきムカつくこと)、おいしいもの、それからニューヨークからの旅(おもに南の楽園)について書いています。

recent entries

comments

trackbacks

categories

archive

search

Google
newyork! newyork! WWW

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

visitors

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。