new york! new york!

ニューヨーク情報。日々感じることを、新鮮なうちに記録します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

世界遺産の町 St. George's <Bermudaの旅 その3>

そもそもバミューダに行ったのはピンクのビーチに惹かれて、だったのですが、旅行の前日に地球の歩き方 カリブ海の島々(バミューダはカリブじゃないけど「カリブの島々」に載ってます・・・)を見てたら、バミューダの昔の首都であるSt. Georgesという町、および周辺にある要塞群がユネスコの世界遺産に登録されてることが判明。St. Georgesは空港の近く、帰りの飛行機は夕刻、ということで、最終日はSt. Georgesを中心に"陸"の観光をしてきました。

バミューダがイギリスの植民地であることはこないだ書きましたが、その歴史は古く、1648年に初代総督が任命されて以降、約350年に渡っています。この歴史が評価されて、植民地になった当時の首都St. Georgesが、2000年に世界遺産に登録されたそうです。

パステルカラーの町並み

これはバハマなど、他のイギリス植民地だった場所でも似たような感じだけど、ほとんどの建物がパステルカラー!とてもかわいらしいです。観光案内してくれたタクシーのドライバーによると、塗る色は特に決められていないそうで、ピンク、ブルー、イエロー、オレンジとそれはそれはカラフル。

colors

西半球最古の現存する英国国教会

イギリスの植民地としての歴史が長いだけあって(アメリカより歴史が長い!)、古い建物はとても古い。というワケで、西半球最古の現存する英国国教会St. Peter's Churchもここにあります。パステルカラーの建物が並ぶ中で、この教会は歴史を感じさせる落ち着いたトーン。内装はウッディでとってもシックな協会でした。ちなみに"英国国教会"は英語でAnglican Churchです。

church

Fort St. Catherine

バミューダは文字通り"陸の孤島"。というワケで、いつやってくるとも知れない敵から島を守るため、たくさんの砦が作られています。この砦たちも世界遺産の一部。中でも一番島の東端にあるのがFort St. Catherineで、中を見学できるのですが、弾を運んでたエレベータとか興味深かった。もうちょっと天気よかったらもっと眺めもよかったと思うんだけど・・・。残念。

fort

・南の島というより・・・

ビーチは南の島!って感じだけど、街はほんとイギリスの雰囲気漂ってました。不思議な魅力のあるところです。

bike

カリブ海の島々〈2006~2007年版〉バハマ・キューバ・ジャマイカ・ドミニカ共和国
「地球の歩き方」編集室
ダイヤモンドビッグ社 (2005/12)
スポンサーサイト

  1. 2006/09/15(金) 09:45:16|
  2. - bermuda
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<バミューダの家のトリビア <Bermudaの旅 その4> | ホーム | 本場よりおいしい!トルコ料理 <Turkish Kitchen>>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://newyorknewyork.blog56.fc2.com/tb.php/269-4df11d9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

weather in new york

Click for New York, New York Forecast

profile

newyorker

Author:newyorker
2005年3月末から「楽しいこと重視」なニューヨーク生活を送っています。
ニューヨークの楽しいこと(ときどきムカつくこと)、おいしいもの、それからニューヨークからの旅(おもに南の楽園)について書いています。

recent entries

comments

trackbacks

categories

archive

search

Google
newyork! newyork! WWW

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

visitors

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。